L-グルタミン

アミノ酸グルタミンの天然の形であるL-グルタミンは、驚くほど広い用途に使われています。脳や免疫機能を正常に保つために不可欠で、疲労やアルコール中毒症の治療に使われます。減量中の人が砂糖を要求するのを抑える働きもあります。

また、筋肉を増強することから、L-グルタミンのサプリメントを摂取している人は、ほっそりと痩せている人が多いようです。L-グルタミンはアルギニン、オルニチン、プロリンという3種類のアミノ酸から合成されています。

L-グルタミンは、体内の主な抗酸化剤でほとんどすべての細胞内に存在する、グルタチオンを構成する成分でもあります。L-グルタミンが欠乏すると、グルタチオンが不足しがちになります。グルタミンは正常な成長や発達に不可欠な、人間の成長ホルモンのレベルを自然に上昇させる物質だという点ですぐれています。

筋肉の喪失は病人や高齢者に多く見られ、脊椎の病気と発展します。この治療に成長ホルモンが実験的に使われるようになりましたが、人工合成された成長ホルモンは非常に高価です。しかも水がたまったり、関節炎の症状などの嫌な副作用を引き起こすことが問題となります。

一方、グルタミンなどの成長ホルモン遊離剤は、成長ホルモンに対して効果があり、費用もかからず、副作用もありません。これはとくに重病人や脊痩症候群にかかりやすい人には重要なことです。グルタミンはやけど患者の治りを早め、免疫機能を強化するために用いられることもあります。また、骨髄移植手術を受けたがん患者に投与すると、退院までの期間が短くなり、、感染症の危険が減ります。

L-グルタミンにはたんばく質の分解を阻止する働きがあるため、筋肉を雄持して脂肪だけを落としたいフィットネス愛好家たちの注目を集めています。トレーニングに熱心に取り組む人は、からだに負荷をかけすぎ、脂肪と一緒に除脂肪組織までも落としてしまう危険があります。

L-グルタミンは筋肉の質を高めるサプリメントですから、運動選手に人気があり、食事を補う頼粒サプリメントなどのスポーツサプリメントに配合されています。

L-グルタミンの効能のまとめ:キズの治りを早める。慢性的な病気による筋肉の喪失を防ぐ働きがある。トレーニングを行っている健康な人の筋肉を強化する。