大豆イソフラボン

大豆には、女性ホルモン様の作用をもつ大豆イソフラボン類が含まれており、更年期障害の症状や、閉経後に生じる生活習慣病の予防に効果が期待されている。現代人女性の強い味方として脚光を浴びているポリフェノール。更年期症状の緩和、骨粗鬆症の予防などの目的で使われる。

特に更年期障害に伴う症状の予防と改善。コレステロール値低下作用。骨粗鬆症の予防と改善。抗酸化作用や抗ガン作用。 大豆には、ダイジン、ゲニスチン、グリシチンといったイソフラボン配糖体と、それらのアグリコンであるダイゼイン、ゲニスティン、グリシティンなどのイソフラボンが含まれている。

なお、配糖体とは、糖の一定部分の水酸基(-OH) と糖でない分子(アグリコン) が脱水縮合(H20 が抜けて結合) した構造を有する化合物の総称である。アグリコンとは、配糖体の非糖質部分をさす。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの受容体である体内のエストロゲン受容体に結合することで効果を示す。

なお、受容体とは、細胞に存在し、ホルモンなど生理活性物質を認識して、その作用を伝えるタンパク質である。エストロゲン受容体(ER) には、α(E Rα)とβ(ERβの2 つのタイプがあり、イソフラボンは、ERα)よりもERβに対して高い親和性(結合のしやすさ) を示す。大豆イソフラボンには、弱いエストロゲン作用および弱い抗エストロゲン作用の両方があるという。この相反する作用は、ERに対する親和性が、大豆イソフラボンと内在性エストロゲンとで異なっていることによる。一般に、過剰のエストロゲンを原因とする疾患では、イソフラボンがE Rに結合して抑制的に作用するため、症状の改善が期待できる。

逆に、更年期障害や閉経後の骨牌症などエストロゲンの低下による病態では、イソブラボンがERに結合して弱いエストロゲン作用を示すことによって、効果が得られる。これが、サプリメントのイソフラボンが「女性ホルモンが過剰のときにはその働きを抑制し、逆に女性ホルモンが少ないときにはその代わりにホルモンとして働く」と説明されるしくみである。 その他、イソフラボンには、抗酸化作用や抗動脈硬化作用、抗ガン作用、コレステロール低下作用、骨粗軽症予防効果などがある。

大豆イソフラボンのサプリはこちら。

関連ページ

  1. 糖せんぼう 効果 血糖値 ヘモグロビンA1C を下げる
  2. 松葉茶 白髪 に効くのは抗酸化作用や血流促進作用のおかげ
  3. 日田天領水 効果 炭酸水素イオンとケイ素( シリカ )が豊富な 天然活性水素水
  4. 温泉水99 効能 世界最高クラスのアルカリ性 超軟水
  5. 天海のにがり 効果 口コミ 頑固な便秘が にがり で解消
  6. ビルベリー 疲れ目に効く
  7. 糖尿病 高血圧 などの生活習慣病を撃退する特効薬 「 酢たまねぎ 」
  8. LDL コレステロールを下げるサプリメント DMJえがお生活 コレステ生活
  9. 老化を遅らせ美容全般に効果のあるシリカ(ケイ素)が大事! 霧島天然水 『のむシリカ』は藤田紘一郎先生推奨のシリカ水
  10. ルチン アレルギーに効果 打撲による青あざの改善を早める
  11. ローヤルゼリー エネルギーを高め、性的衝動を回復
  12. ローズマリー ガン抑制効果とアルツハイマーの予防にも
  13. L-グルタミン アルコール中毒症の治療にも使われる
  14. ゲルマニウム 慢性関節リウマチや骨粗鬆症の痛みに
  15. フルクトオリゴ糖類 FOS
  16. フォルスコリン
  17. フラキシード・オイル「亜麻仁油」
  18. エルダー抽出物「セイヨウニワトコ」
  19. 脱クリチルリチン甘辛(DGL)
  20. コリオラス抽出液
  21. 冬虫夏草
  22. リノール酸】成合体 CLA
  23. チワヤ
  24. クロム・ピコリネート
  25. ブロメライン
  26. ブロッコリーの分離・抽出物
  27. 牛の気管軟骨
  28. ボスウェリア(カンラン)
  29. ビルベリー
  30. ベータ1.3Dグルカン
  31. プロポリス
  32. アシュワガンダ
  33. L-アルギニン
  34. αカロチン
  35. 糖素減
  36. γ-リノレン酸(ガンマの油)
  37. 濃縮乳酸菌
  38. 健康ゆすり
  39. はとむぎ
  40. はなびらたけ
  41. 玉ねぎの皮のお茶「さらさら玉ねぎ茶」ケルセチンで血糖値、高血圧が正常化、血管年齢を下げる
  42. 麹水
  43. 小豆スープ
  44. ブルーベリー&ルテイン
  45. アカシアポリフェノール
  46. テンペ菌発酵の薬草茶
  47. 関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」
  48. 烏龍茶の「重合ポリフェノール」
  49. くさや大豆(乳核酸)
  50. 平戸つる草
  51. 健康ゆらし
  52. 発酵黒豆エキス
  53. ニチニチ草
  54. イチョウ葉エキス
  55. 大豆イソフラボン
  56. EPA/DHA
  57. フィーバーフュー
  58. アサイーベリーが目のトラブルに効果
  59. ローヤルゼリー
  60. レッドクローバー
  61. レシチン
  62. 霊芝
  63. ルテイン
  64. リコピン
  65. メリロート
  66. メラトニン
  67. メチル・スルフォニル・メタン(MSM)
  68. メシマコブ
  69. マリアアザミ
  70. マテ
  71. マカ
  72. マイタケ
  73. 紅麹
  74. プロポリス
  75. ブルーベリー
  76. ブラックコホシュ
  77. フコイダン
  78. フォルスコリン
  79. プエラリア・ミリフィカ
  80. ピクノジェノール
  81. ビール酵母
  82. ヒアルロン酸
  83. バレリアン
  84. バラの花のエキス
  85. パパイア
  86. バナバ
  87. 発芽玄米
  88. ノニ
  89. ノコギリヤシ
  90. にんにく
  91. 乳酸菌
  92. ニコエン
  93. 苦瓜
  94. トコトリエノール
  95. 冬虫夏草
  96. 甜茶
  97. 田七人参
  98. DHA
  99. テアニン
  100. チャーガ
  101. チェストツリー
  102. セントジョーンズワート 軽症から中等度のうつ病やうつ状態に対して医薬品と同等の効果 重症には効果なし
  103. スピルナ
  104. 白インゲン豆抽出物
  105. 植物ステロール
  106. シャンピニオン
  107. シトラス・アランチウム
  108. シソの実油
  109. サメ軟骨
  110. サム・イー(SAMe)
  111. コンドロイチン
  112. コラーゲン
  113. コエンザイムQ10
  114. 高麗人参
  115. 桑の葉
  116. クロレラ
  117. グルコサミン
  118. クランベリー
  119. クエン酸
  120. キャッツクロー
  121. ギムネマ
  122. キトサン
  123. 肝油エキス
  124. ガンマ・リノレン酸
  125. カルニチン
  126. カテキン
  127. オリーブリーフ
  128. エフェドラ
  129. エノキタケ
  130. エゾウコギ
  131. エキナセア
  132. 梅エキス
  133. ウコン
  134. インド人参
  135. アロエ 葉肉が手に入らない場合は無添加の原液もおすすめ
  136. アラビノキシラン
  137. アミノ酸
  138. 赤ワインエキス
  139. アガリスク