二度の脳梗塞を起こした糖尿病も糖質カット酵母「パクパク酵母くん」で改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

これなら安心と主治医も太鼓判

65歳を過ぎて定年退職後、私は朝夕の新聞配達の仕事を始めました。

朝の配達の後は、お疲れさまの意味をこめて、日本酒をチビリとやるのが楽しみ。夕方の配達の後も、友人と居酒屋で乾杯して、好物をたらふく食べていました。

こんな不摂生な生活のしっペ返しをくらったのは、仕事終わりのある朝のこと。あお向けになって新聞を読んでいたら、突然、右腕がぱたっと落ちて動かなくなりました。

救急車で病院に運ばれ、診断の結果は脳梗塞でした。持病の糖尿病が悪化したことで脳の血管が詰まったのです。

2週間の入院をして、ようやく右腕の動きももとどおりになったのですが、2ヶ月後に再び異変が発生しました。

朝、目が覚めた瞬間から、体が異様に重くて、布団に縫いつけられたように身動きができません。脳梗塞の2度目の発症でした。

今度も無事に命は救われたものの、さすがに私もこれまでの生活を反省しました。根本の原因である糖尿病の改善に、杢気で取り組む決意をしたのです。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を知ったのはまさにそのタイミングで、糖質を分解するという効能に心を動かされました。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を朝晩の食後に飲んで、まず喜んだのは便通が良好になったこと。2~3日に1回だったお通じが毎日になって、便の量も増えたのです。腸の動きがよくなったと実感するうちに、体重はスッと2 Kg落ちました。幸先がいいと感じました。

それからは糖尿病の改善も1歩ずつ着実で、9を超えて2ケタになりそうだったヘモグロビンA1Cが、今や正常値に安定。毎月の検査結果を見るのが楽しいです。

ずっとこのレベルなら安心してよいと、主治医からも太鼓判をいただきました。脳梗塞再発の不安もやわらいで、心の重しが取れたよう。糖質カット酵母「パクパク酵母くん」には心からありがとう! のひとことです。

糖質カット酵母の使用感(糖尿病に効果)
https://1088note.com/g-cut/