副交感神経 優位 ストレス解消

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

副交感神経 優位 してストレス解消ができるので紹介します。

pencil-g95974d5d4_640.jpg

私たちの体の機能をコントロールしている自律神経は、活動しているときやストレスを感じているときに働く交感神経と、休息しているときやリラックスしているときに働く副交感神経が、シーソーのようにバランスよく交互に働くことで健康を守っています。

しかし、現代の生活はストレスが多いため、交感神経が優位になり、自律神経のバランスが乱れがち。そのため、副交感神経を優位にしてあげることが大切です。副交感神経が優位になると筋肉がゆるみ、血管がほどよく拡張して血流がよくなり、新陳代謝が高まるので疲労物質や老廃物が排出されやすくなります。

また、インスリンが正常に分泌されて血糖値を下げます。リラックスし、心身を休める時間を確保することで副交感神経を意識的にアップさせましょう。

ストレス 血糖値 自を上げる要因に

血糖値上昇が気になる人は こちら。

副交感神経 スイッチ を入れるコツ

副交感神経 優位 にするためにはスイッチをいれるようにするのがコツです。これは難しくないので今日からはじめられるものばかりです。

無理をせずに休む
自律神経のバランスを整えるためには、働くことと休むことのメリハリをつけ、交感神運と副交感中経のオンヒオフのメリハリをつナることが七切。
気分転換
音楽を聴いたり料理や掃除をしたり日常生活で簡単にできることで気分転換をして、副交感神経のスイッチを入れよう。
完璧主義をやめてみる
「~ ねばならない」ことの多くは、勝手な思い込みだったり、自己満足でしかなかったりするもの。完壁にできなくても自分を責め犬頑張ったことを評価してあげましょう。
涙を流して泣く
本や映画を観て涙を流すと精神の浄化作用を得やすいときれる。思いきり涙を流L たあとは、心地よい疲労感からぐっすり眠れる安眠効果も。
声を出して笑う
感情を発散きせることで交感神経の緊張がゆるんでリラックスした状態に。テレビでお笑い苛租を観たり、友人と会話を楽しんだりするのもおすすめ。

不眠に陥る脳内緊張