芋好きはスレンダーが多い

現代人が食べるイモ類の量は、以前にくらべて非常に少なくなっています。イモを食べると太るのではないかと考えている人もあるようですが、これは大きな間違いである。日常よく食べられるジャガイモやサツマイモ、サトイモには、それぞれ優れた栄養素があるし、そもそも普通の人は肥満につながるほどの量は食べられないものです。だから安心して料理に活用するといいでしょう。

イモ類の成分に共通していることは、食物繊維が多く、ミネラルではカリウムが多いことです。これらはいずれも、血圧に対して抑制的に働くから、塩分過多傾向にある和食にはおすすめなのです。

野菜のカリウムが塩分を排泄

食物繊維は、1日に20~25グラム程度とるようにすすめられているが、実際には最近の平均的な日本人の食生活では、16グラム程度しかとれていません。さらにダイエットに夢中の若い人はもっと減少するでしょう。その原因として、穀物を食べる量が激減していることと、イモ類の摂取量が下がったことが大きいといわれます。戦後は食べるものがなく、畑ではお腹にたまる芋の栽培が行われていたので昔の人は必然的に現代人より芋の摂取量が多かったのです。

サツマイモを食べるとガスが多く出るといわれるが、これは、食物繊維の摂取量が多いと腸内で乳酸菌の繁殖が盛んになり、その結果ガスが多くなるからです。しかし、こういった状態のガスは、ほとんど匂いがありません。むしろ腸が活発に動いているということなのでおならは健康に欠かせません。

逆に、食物繊維のとり方が少なく、肉などのタンパク質性の食品を多く食べた場合は、腸内の腐敗菌の繁殖が盛んになるので、ガスの量は少ないが、非常に強い匂いのものが出ます。なお、乳酸菌の繁殖は、発ガン物質の生成を抑制するから、健康の点でも二重丸です。また、イモ類に多く含まれるカリウムは、余分に吸収した塩分を排泄し、塩分のとりすぎによる血圧の上昇を予防することができる。

カリウムは、一般の食事で摂取する量の倍程度とっておくと、かなりの高血圧が防止できるようである。その点でも、イモ類は絶好のカリウム補給源であり、高血圧予防ができる食品でもある。さらに、意外なのが、イモ類に含まれるビタミンCの量である。

中程度のサツマイ3本には、食べられる部分だけで中程度の夏みかん1個と同程度のビタミンCが含まれています。

ジャガイモやサトイモのビタミンC含有量は、サツマイモの半分程度ですが、それでもかなりの量になります。市販されている野菜は一般に、収穫後の時間経過が長いので、ビタミンCはだんだん減少してしまいます。しかし、イモ類は保存してもビタミンC のロスはほとんありませんし、加熱調理による損失も非常に少ないのです。

その他、サツマイモには、ヤラビンと呼ばれる緩下剤的な働きをする物質が含まれていて、これが食物繊維とともに働いて、快便になります。便通がよくなると、排泄が促されるので余分な吸収がなくなり、脂肪がたまりにくくなる。また、便秘は高血圧や大腸ガンの原因にもなるので、便通をよくしてくれる食べ物は大切にしなければいけません。

また、ジャガイモやサトイモは、ご飯と同じ重量でカロリーは約半分と、ダイエットの強い味方である。ただし、ポテトチップス、フライドポテトなどは油分が多く、したがってエネルギーも高いから、多く食べることは控え、粉ふきいもや薄味の煮物がおすすめです。

カボチャやサツマイモが嫌いな人は老けやすいにも書かれていますが、30代以降は特に積極的に摂るべきでしょう。

口の中の水分が少なくて芋類を食べるとむせてしまうという人は、青汁でカリウム、食物繊維を摂るのがいいいでしょう。酵素入りだと吸収も上がるのでおすすめです。酵素入り青汁 リッチグリーンはこちら。