ガンマ・リノレン酸

ガンマ・リノレン酸(GLA) は、必須脂肪酸の1 つであり、月見草やボラージ・オイル、ブラックカレント・オイルなどに含まれている。アトピー性皮膚炎や関節リウマチなどに対する効果が報告され、注目されている。

効能・効果は、アトピー性皮膚炎の症状改善。糖尿病性神経障害の改善。関節リウマチの改善など。

アトピー性皮膚炎に対する効果を検証した臨床試験では、GLAを投与することで症状の改善が認められている。
たとえば、9つの臨床試験を検討したメタ分析や、25人の患者に投与した臨床試験、17人の小児と15人の成人に3週間投与した試験など、多くのデータが有効性を示した。
糖尿病性神経障害に関して、111人の患者を対象に1年間実施された研究では、GLAによる神経障害指標の改善が示された。また、2 2人の患者に6ヶ月間、GLA を投与した二重盲検試験でも、同様の改善効果が報告された。
関節リウマチに関して、49人の患者を対象にした研究や、3 7人の患者に24週間投与した臨床試験では、GLA摂取グループにおいて、痛みの軽減や客観的な指標の改善などが認められており、GLAの有効性が示されている。

その他、GLAが、中性脂肪を低下させHDLコレステロールを上昇させる昇させるというデータや、GLAの血中濃度が高いと萎縮性胃炎が少ないという疫学調査もある。
ただし、月経前症候群や更年期障害への効果を検証した臨床試験では、GLAの有効性は認められなかった。