クランベリー

クランベリーエキス(あるいはジュース) は、女性に多い膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症を予防する効果がある。女性は男性に比べて尿道が短いため、細菌が侵入しやすく膀胱炎・尿道炎を起こしやすい。女性の60% が一度は尿路感染症を起こすという。
また、少なくとも3 分の1の人が1 年以内に再発を経験する。再発は、20歳代後半と55歳以上の女性に特に多い。クランベリーに含まれる有効成分が、細菌の付着・増殖を抑え、感染を予防。

クランベリーの有効成分は、プロアントシアニジンというファイトケミカルである。これは、クランベリーの赤い色素を構成する成分であり、タンニン類の中のエビカテキンに分摸される。
プロアントシアニジンは、抗酸化作用、抗菌作用、抗ウイルス作用などをもつ。これまでの研究により、細菌の細胞膜の合成を阻害することで細菌の増殖を抑制する効果や、細菌が細胞表面へ付着するのを阻害して感染を予防する効果などが示されてきた。また、クランベリーに含まれる有効成分が体内で酸性物質に変化して尿中に排泄されることで、尿のpHを下げて尿を酸性に保ち、細菌の増殖を抑制するというメカニズムも示唆されている。

クランベリーは膀胱炎・尿道炎の原因菌である大腸菌などの増殖を抑えたり、尿路系の細胞への付着・感染を抑えたりすることで、尿路感染症を予防するのである。
具体的には、大腸菌類の60 %に対して感染防止効果がある。なお、これはクランベリー特有の効果であり、同じツツジ科に属するブルーベリー(ビルベリー) にはこれらの作用は認められない。

無糖のジュースとして、あるいは有効成分を抽出したサプリメントとして摂取する。毎日継続して摂ることが効果的であるため、サプリメントのほうが利用しやすい。