コエンザイムQ10

コエンザイムQlO (コーキューテン・CoQlO) とは、体内のエネルギー源であるATP (アデノシン三リン酸)を作り出すために必要な補酵素の1 つである。細胞や組織の生命活動を補助する働きがあるため、心臓疾患や高血圧症などに利用される。また、強力な抗酸化作用をもつため、さまざまな生活習慣病の予防効果も期待されている。

効能、作用は、狭心症や心筋梗塞、心不全などに対する予防や改善作用。高血圧や糖尿病などの予防や改善作用。抗酸化作用および抗ガン作用。

コエンザイムQlO は、体内に広く分布する分子であり、食物からも摂取できる。特に、エネルギー代謝の盛んな心筋や骨格筋、肝臓や腎臓などに多く存在する。コエンザイムQ(補酵素) にはいくつかの種類があるが、ヒトに存在するのは主にコエンザイムQlOで。
コエンザイムQ10 は、ミトコンドリアの呼吸鎖において作用しATP産生に関与する他、強力な抗酸化作用をもつ分子であるため、生活習慣病の改善や予防に効果があると考えられる。
たとえば、ディーエイチシー(DHC の研究グループが2003年の国際栄養食事療法会議で発表した臨床試験のデータでは、コエンザイムQ10と抗酸化ビタミンの投与によって、酸化ストレス障害が減少することが示された。
コエンザイムQ10は、加齢によって減少する。
また、ガン、心臓疾患、肝臓や膵臓疾患、パーキンソン病の患者では、コエンザイムQ10の血中渡度が低いことが知られている0 そのため、コエンザイムQ10をサプリメントで補うことによって、これらの疾患の予防や改善効果が得られると推測されている。
>>>その他のコエンザイムQ10の効能についてはこちら。

ガンについては、乳ガン患者に効果があったとする報告もあるが、臨床
研究が十分ではない。その他、LDL(悪玉) コレステロール酸化の予防効果、過酸化脂質の減少などが報告されている。