高麗人参

高麗人参(朝鮮人参)は、オタネニンジンという和名をもつウコギ科のハーブである。中国医学では古くから用いられてきた漢方薬の成分であり、サポニン配糖体「ジンセノサイド」をはじめとしてたくさんの有効成分が含まれている。
現在でも『日本薬局方』には、高麗人参の効能として虚弱体質の改善や肉体疲労の回復、病中病後の体力回復があげられている。
また、中国では、食欲不振や体重減少、不妊症や勃起障害、胃腸障害に対して利用されてきた。
中国の薬物書によれば、精神を安定させ体調を整えるのに役立つと掻かれている。

効能や作用としては、スタミナの補給や疲労回復。虚弱体質の改善や体力回復。抗ストレス作用。冷え症改善。血小板凝集阻害作用。生活習慣病の予防。
また、高麗人参は、日本人の多い特有の水太りにも効果がある。

高麗人参の代表的な有効成分には、サポニン配糖体に分類されるジンセノサイドがある。ジンセノサイドは、Ra1 、Ra2 、Ra3 、Rb1 、Rc、Rdなど30 種類近くが知られている。高麗人参の効能は、これら多種類のジ
ンセノサイドに加えてどタミンやミネラル、アミノ酸などが複合的に作用することで得られる。

高麗人参が、老化に伴う中枢神経における認知機能の低下を防ぐことが示されている。「認知」とは、ものの考え方や受け取り方のことで、物事をどのように捉えるかという脳の高次機能のことをいう。

基礎研究では、高麗人参の主成分であるジンセノサイドが体内の受容体に結合し、アセチルコリンによって誘導されるカテコールアミン分泌を抑制することが明らかとなった。
また、加齢とともに減少する種類の脳内受容体にジンセノサイドが結合することで刺激を与え、老化による中枢神経系の認知機能の低下を防ぐ可能性も期待されちる。

さらに、40歳以上の健常者112人を対象にして行われた臨床試験では、2ヶ月月間の高麗人参の摂取によって抽象的思考や物事への反応時間などにおける改善が認められた。高麗人参のサポニン配糖体は、中性脂肪やコレステロールの値を下げることで動脈硬化や心臓病を予防する作用ももつ。
さらに、心臓に対しては、ある種類の不整脈を抑制することも示された。抗ガン作用に関しては、基礎研究において数多くのデータが報告されてきた。
その他、冷え症改善作用、抗酸化作用、抗ウイルス作用、抗ストレス作用、抗糖尿病作用などが示されている。

万能生薬の高麗人参(こうらいにんじん)