ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚(表皮と真皮)や軟骨、関節液など体の組織に存在するムコ多糖類(ねばねばした物質) の一種である。
優れた保水機能があり、皮膚の弾力性や粘弾性(ハリ)、保湿性を保つために重要。皮膚のヒアルロン酸は、加齢とともに減少するため、美容目的に利用されるアンチエイジング(抗加齢) サプリメントとして注目されている。
ヒアルロン酸は、関節軟骨や関節液ではクッションとして働き緩衝作用を示す。また、目の硝子体にも含まれる。眼科や美容外科、整形外科などの手術の際、人体に投与される成分でもあり、安全性は比較的高い。

効能、硬化は、皮膚の保湿性や粘弾性の維持。シワやたるみの予防。皮膚や関節軟骨の機能の維持。皮膚のアンチエイジング効果。

ムコ多糖類で構成されている。皮膚は、繊維組織の間をムコ多糖類が満たしている構造をもつ。ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種であり、保水機能をもつことから、皮膚の弾力性や潤い、みずみずしさを保つ働きがある。
加齢に伴い皮膚のヒァルロン駿が減少すると、皮膚の弾力性が減少し、保水量も減るため、皮膚のハリが衰え、シワやたるみが目立ちやすい。表皮内のヒアルロン酸は、多くが角層に存在する。
ヒアルロン酸は、稗水性と疎水性の両方の性質をもつことから、天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなど細胞間脂質と共同して皮膚の機能を維持することも考えられる。
なお、ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも代謝回転が速いという特徴がある。
ヒアルロン酸で潤いのある美肌に | 100種類のサプリメントの効能と効果