糖素減

ゴーヤー(蘭山苦瓜)の有用成分

他の苦瓜に比べ有用成分の多い「蘭山苦瓜」。蘭山苦瓜は品種改良されていない非常に希少な品種。有用成分を豊富に含んでいるのが特長です。

チャランチン
あの独特な苦みとなる成分。糖対策を強力にサポート。
コロソリン産
有用性が学会でも報告されている注目の成分。
モモルデシン
チャランチンンと同じく苦み成分。糖・脂対策をケアする。

その他にも共役リノレン酸、カロチン、ビタミンC、食物繊維、葉酸などが含まれます。

もともと、苦瓜は健康成分を多く含み、ビタミンやミネラルが豊富です。そのほか、糖にアプローチする重要な成分も含まれています。

農薬・重金屈が検出されない苦瓜は、極めて安全性が良く、成分が安定しばらつきが少なく、注目の糖サポート成分をたっぷり含んでいます。その条件を満たす蘭山苦瓜は、糖が気になる方にとって非常lに貴重な食材です。

糖コントロールに悩まされている方に是非飲んで欲しい

「蘭山苦瓜」(らんざんにがうり)をご存じだろうか?苦瓜(ゴーヤ)の一種なのだが、糖に働く成分が豊富に含まれている植物であるため、近年、テレビ等でも取り上げられ、話題になっているゴーヤの種類です。もともと、苦瓜(ゴーヤ)という野菜は、糖に働く成分が多く含まれており、その独特の苦味の元となる成分「チャランチン」や「モモルデシン」が糖対策をサポートすることで知られている。また「コロソリン酸」という成分が直接アプローチするとして学会で注目されるなど、とにかく糖対策への有用性について数多くの報告がされている野菜です。

そんな苦瓜の中でも、特に有用成分が多く含まれている品種が「蘭山苦瓜」なのだから、話題になるのは当然です。どうにかこの苦瓜を入手したいものだが、蘭山苦瓜は希少な品種であるため、国内では入手困難。現在、蘭山苦瓜を摂り入れる方法は「糖素減」というサプリメントを飲むことが唯一の方法です。

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」の使用感&口コミ(糖を下げる)
https://www.cause-reason.info/tosogen/