αカロチン

有名なカロチノイド族の筆頭、アルファカロチンからです。カロチノイドは果物いろどや野菜に含まれる物質で、天然の色素でもあります。

最近、カロチノイドは単なる彩り野菜ではなく、抗酸化剤や抗がん剤としての効果にすぐれていることがわかりました。植物の生長には日光が必要ですが、それでもやはり太陽から出される紫外線(UV)を日常的に浴びると、危険なフリーラジカルが形成され、遺伝子に異常をきたします。

植物は生存競争のなかで、危険要素となるUVから身を守るためのメカニズムを必要とします。それがカロチノイドです。

カロチノイドは紫外線を取り除き、発がん物質から身を守るためのサンスクリーン効果をもつ天然物質です。植物中に存在するカロチノイドは500種類以上もあり、約50種類が食用の果物や野菜に含まれています.

カロチノイド族全体のなかでもっとも有名なのが、ベータカロチンです。ベータカロチンにはビタミンA前駆体として、からだの要求に応じてビタミンAに変化する働きがあり、これまでの研究はベータカロチンを中心に行われていました。

そして最近まで、ベータカロチンそのものは利用価値がなく、ビタミンAに変化してはじめて体内で有益になると広く考えられていました。しかし現在は、ベータカロチンなどのカロチノイドにはそれぞれの効能があることがわかっています。

1980年代、いくつかの研究でベータカロチンが、一部のがんに対して効果のあることがわかり、脚光を浴びました。ほかのカロチノイドにも隠れた効能を期待して研究を行ったところ、驚くべき事実が判明しました。

それまで無名だったカロチノイドが素晴らしい抗がん活性を示し、しかもその多くが、ベータカロチンよりも効果が高かったのです。そのひとつαカロチンは、これまではまったく注目されていませんでしたが、現在はサプリメントとして見直されています。

αカロチンが動物実験で、肺がんや肝臓がん、皮膚がんのがん細胞数を大幅に減少させたのです。実際、αカロチンはβ-カロチンの十倍も、皮膚や目、肝臓や肺の組織をフリーラジカルによるダメージから保護する力をもっています。また、β-カロチンと同様に、αカロチンもビタミンA へと変化します。

αカロチンをもっとも多く含む食物は、調理した人参やかぽちゃです。αカロチンのサプリメントは単体で販売されているほか、混合カロチノイド・サプリメントや抗酸化剤補助食品にも配合されています。

  • 効能・効果:天然抗酸化剤、フリーラジカルのスカベンジャー(捕捉機能)としての働きがある。抗がん作用が高い。
  • 用法・用量:毎日、3~6 mgを混合カロチノイドから摂取。
  • コメント:アメリカで日常的に食されている果物や野菜には、20種類のカロチノイドが含まれていますが、食事だけでは十分にカロチノイドを摂取できません。実際、米国立がん研究所の勧告どおりに、毎日五種類の果物や野菜を摂取しているのはアメリカ人の10%にすぎません。赤色やオレンジ色の果物や緑黄色野菜など、できるだけカロチノイドを多く含む食物を摂りましょう。必要なすべてのカロチノイドを十分に補うためには、αカロチン、βカロチンのほか、リコピンルティンなど、色々な抗酸化物を摂取するのがいいでしょう(リコピンは前立腺がんの危険性を減らし、ルティンは黄斑変性の予防に効果があります)。

関連ページ

  1. 糖せんぼう 効果 血糖値 ヘモグロビンA1C を下げる
  2. 松葉茶 白髪 に効くのは抗酸化作用や血流促進作用のおかげ
  3. 日田天領水 効果 炭酸水素イオンとケイ素( シリカ )が豊富な 天然活性水素水
  4. 温泉水99 効能 世界最高クラスのアルカリ性 超軟水
  5. 天海のにがり 効果 口コミ 頑固な便秘が にがり で解消
  6. ビルベリー 疲れ目に効く
  7. 糖尿病 高血圧 などの生活習慣病を撃退する特効薬 「 酢たまねぎ 」
  8. LDL コレステロールを下げるサプリメント DMJえがお生活 コレステ生活
  9. 老化を遅らせ美容全般に効果のあるシリカ(ケイ素)が大事! 霧島天然水 『のむシリカ』は藤田紘一郎先生推奨のシリカ水
  10. ルチン アレルギーに効果 打撲による青あざの改善を早める
  11. ローヤルゼリー エネルギーを高め、性的衝動を回復
  12. ローズマリー ガン抑制効果とアルツハイマーの予防にも
  13. L-グルタミン アルコール中毒症の治療にも使われる
  14. ゲルマニウム 慢性関節リウマチや骨粗鬆症の痛みに
  15. フルクトオリゴ糖類 FOS
  16. フォルスコリン
  17. フラキシード・オイル「亜麻仁油」
  18. エルダー抽出物「セイヨウニワトコ」
  19. 脱クリチルリチン甘辛(DGL)
  20. コリオラス抽出液
  21. 冬虫夏草
  22. リノール酸】成合体 CLA
  23. チワヤ
  24. クロム・ピコリネート
  25. ブロメライン
  26. ブロッコリーの分離・抽出物
  27. 牛の気管軟骨
  28. ボスウェリア(カンラン)
  29. ビルベリー
  30. ベータ1.3Dグルカン
  31. プロポリス
  32. アシュワガンダ
  33. L-アルギニン
  34. αカロチン
  35. 糖素減
  36. γ-リノレン酸(ガンマの油)
  37. 濃縮乳酸菌
  38. 健康ゆすり
  39. はとむぎ
  40. はなびらたけ
  41. 玉ねぎの皮のお茶「さらさら玉ねぎ茶」ケルセチンで血糖値、高血圧が正常化、血管年齢を下げる
  42. 麹水
  43. 小豆スープ
  44. ブルーベリー&ルテイン
  45. アカシアポリフェノール
  46. テンペ菌発酵の薬草茶
  47. 関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」
  48. 烏龍茶の「重合ポリフェノール」
  49. くさや大豆(乳核酸)
  50. 平戸つる草
  51. 健康ゆらし
  52. 発酵黒豆エキス
  53. ニチニチ草
  54. イチョウ葉エキス
  55. 大豆イソフラボン
  56. EPA/DHA
  57. フィーバーフュー
  58. アサイーベリーが目のトラブルに効果
  59. ローヤルゼリー
  60. レッドクローバー
  61. レシチン
  62. 霊芝
  63. ルテイン
  64. リコピン
  65. メリロート
  66. メラトニン
  67. メチル・スルフォニル・メタン(MSM)
  68. メシマコブ
  69. マリアアザミ
  70. マテ
  71. マカ
  72. マイタケ
  73. 紅麹
  74. プロポリス
  75. ブルーベリー
  76. ブラックコホシュ
  77. フコイダン
  78. フォルスコリン
  79. プエラリア・ミリフィカ
  80. ピクノジェノール
  81. ビール酵母
  82. ヒアルロン酸
  83. バレリアン
  84. バラの花のエキス
  85. パパイア
  86. バナバ
  87. 発芽玄米
  88. ノニ
  89. ノコギリヤシ
  90. にんにく
  91. 乳酸菌
  92. ニコエン
  93. 苦瓜
  94. トコトリエノール
  95. 冬虫夏草
  96. 甜茶
  97. 田七人参
  98. DHA
  99. テアニン
  100. チャーガ
  101. チェストツリー
  102. セントジョーンズワート 軽症から中等度のうつ病やうつ状態に対して医薬品と同等の効果 重症には効果なし
  103. スピルナ
  104. 白インゲン豆抽出物
  105. 植物ステロール
  106. シャンピニオン
  107. シトラス・アランチウム
  108. シソの実油
  109. サメ軟骨
  110. サム・イー(SAMe)
  111. コンドロイチン
  112. コラーゲン
  113. コエンザイムQ10
  114. 高麗人参
  115. 桑の葉
  116. クロレラ
  117. グルコサミン
  118. クランベリー
  119. クエン酸
  120. キャッツクロー
  121. ギムネマ
  122. キトサン
  123. 肝油エキス
  124. ガンマ・リノレン酸
  125. カルニチン
  126. カテキン
  127. オリーブリーフ
  128. エフェドラ
  129. エノキタケ
  130. エゾウコギ
  131. エキナセア
  132. 梅エキス
  133. ウコン
  134. インド人参
  135. アロエ 葉肉が手に入らない場合は無添加の原液もおすすめ
  136. アラビノキシラン
  137. アミノ酸
  138. 赤ワインエキス
  139. アガリスク