原材料名に注意する「冷凍食品」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

冷凍食品を利用する上での注意点

とても便利で現代の食卓には欠かせない冷凍食品にはさまざまな種類がありますが。いずれにしても、着色料や調味料、発色剤、乳化剤、pH調整剤など、たくさんの添加物を使用していることが多い商品です。 また、冷凍食品が霜に覆われている場合は、一度、溶けてから再度固まった可能性があり、品質が低下している可能性もあるので注意します。

食べるときのポイント

みそ汁や納豆、アボカド、ワカメ、キウイといった、ビタミンC 、カリウム、食物繊維が皇宮な食べ物を一緒こ食べることで、脂質や塩分の不安を減らすことができます。

ビタミンCを多く含む食品 https://www.vitamin-qa.info/?p=124

添加物の危険性「リン酸塩」

ちくわ、ハムなどに使われる添加物です。結着剤や品質改良材として使用されます。大量に摂取してしまうと骨の形成異常を起こす可能性があります。また、鉄分不足を引き起こし、貧血の原因になります。複数の食べ物で重複して摂取しないように注意しなければなりません。ちなみに

「貧血を自分の免疫力で改善する方法」 https://www.d-blood.info/2015/04/16/%E3%80%8C%E9%89%84%E5%88%86%E3%80%8D%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%82%84%E9%89%84%E3%81%AE%E6%91%82%E5%8F%96%E3%81%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0/

ここにも書かれているとおり、黒い色の食材を食べることで貧血が軽減されたり改善されるようです。日々の食生活に取り入れたいところです。 現代は、スーパーの素材でも、コンビニの食品、お総菜、外食のメニューはとにかく長期保存が企業側のコストや収益に大きく影響するため、フレッシュな食材で作るものはほとんどありません。手作りする時間がない人が多く、なかなか難しい世の中になてしまいましたが原材料名でのチェックを習慣づける、排出を促進する、ビタミンCそして食物繊維などが大事なポイントです。

注意する添加物

  • 着色料
  • 増粘多糖類
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 酸化防止剤(エリソルピン酸Na)
  • 乳化剤
  • PH調整剤