腸内悪玉菌が、ガンの原因だった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

便秘が乳ガンに結びつくという理由ですが、簡単に言うと、欧米型の食事と便秘を長く続けることで、腸内環境が汚染され、腸が健康な状態より汚れてきます。

さらに腸内の腐敗が進むことによって発ガン物質を作り出す、ということなのです。さらに、わかりやすく説明しますと、腸内には大腸菌や善玉菌のビフィズス菌、悪玉菌のウェルシュ菌などをはじめとして、100種類100兆個を超える細菌が棲息しています。

その中の「悪玉菌」が便秘のために増殖することが、大腸ガンや乳ガンに結びつくのです。この悪玉菌ですが、これが腸内で勢力を伸ばしてくると、腸内環境はどんどん腐敗現象が進行して、便は悪臭を放つようになります。

これは、からだが老化して消化機能が衰えた結果です。そして腸内環境の老化が、さらにからだの老化を促進し、放っておくとこの悪循環がずっと続いてしまいます。これは逆に言えば、何らかの方法で腸内環境の老化をくい止めることができれば、からだの老化も防げる、とい㌢ことになります。

事実、長寿村として知られている山梨県桐原村(現在の山梨県上野原市桐原)では、そこで暮らしているお年寄りの腸内細菌は、善玉菌の筆頭であるビフィズス菌が多く、悪玉菌のウェルシュ菌は、まだそれほど増えておらず、腸内環境がひじょうによいという調査結果が出ています。

今まであまり気にしていなかった便秘や腸内環境ですが、これだけ人間の健康状態や長寿と密接に結びついているのです。かたよさらに、ストレスに悩まされ、不規則で偏った食生活を送っている現代人の場合、まったく便秘と無縁に暮らしている人は少ないでしょう。しかし、健康な毎日を過ごしたいと思うのなら、まずほどうやって便秘を解消するかを考えるべきなのです。