ビルベリー

ヨーロッパ・ブルーベリーとして知られるビルベリーは、健康な目という異名をもつハープです。

1千年以上もの間、ビルベリーはさまざまな目の症状の治療薬として利用されてきました。第二次世界大戦中には、英国空軍のパイロットが夜間飛行の前日に、視力を上げるためにビルベリージャムを食べていました。

ビルベリーにはフリーラジカルによるダメージから毛管(毛細血管) を保護し、血液循環をよくする働きをもつ天然の抗酸化剤、アントシアノサイドが含まれています。アントシアノサイドは、目が光に適応する際に必要なレチノール色素の再生に関与しています。

ビルベリーは、眼球の圧力が高いことが原因で起こる緑内障など、さまざまな目の病気や、眼球にうまく血液が循環しないために起こる糖尿病性網膜症に効果があります。ビルベリーから抽出されるアントシアノサイドは視力を上げ、目を保護する目的で開発された製品の大半に配合されています。

ある処方薬(ミルトシアンR) は、ビルベリーの抽出物でできあずかており、現代の医薬品が天然薬の恩恵に与っている一例となっています。ビルベリーには症状を治癒する力はありませんが、眼球への血液循環をよくすることで症状が悪化するのを防ぎます。

近年の研究で、この注目すべきハーブが目によいだけでなく、血液循環が悪いために起こる病気全般の予防と治療に効果のあることがわかりました。

血液循環が悪いと脚部に流れる血液の流れは妨げられ、痛みやしびれ、皮膚の打診痛や、うっ血を起こします。研究によって、アントシアノサイドがこのような衰弱症状を緩和することが明らかになっています。

このような症状がある場合は医師に相談し、自分にあった養生法を考えてもらうことが不可欠です。ビルベリーは、このほかにも効能があります。1996年にはビルベリーの抽出物に抗がん作用のあることがわかりました。

ビルベリーが、がんの予防と治療に効果的であるということを実証するためには、さらなる研究が必要とされています。

  • 効能 一般的な目の病気を予防する。血液循環をよくする。

ビルベリー(別名:ホワートルベリー)の使用感

ベータ1.3Dグルカン

1960年代、感染性の病気はすでに過去のものだという認識が一般的でした。ペニシリンやそれに続いて発見された抗生物質は万能薬であり、何錠か飲むだけでどんな病気でも治ると思われていたのです。

しかし、いまはそれが誤りであることがわかります。抗生物質は数えきれないほどの生命を救いましたが、我々が思っていたような万能薬ではありません。

第一に、抗生物質はウィルスに対しては効果がありません。第二に、抗生物質の過剰投与により 抗生物質に耐性のあるバクテリア株を誕生させてしまいました。病気とのたたかいで大切なのは、まず病気を予防することであり、健康を維持する最善策は、免疫機能を高めることです。

ベータ1.3Dグルカンは、免疫機能を高めるサプリメントのひとつです。ベータ1.3Dグルカンパン酵母の細胞壁から抽出されており、免疫力を強化する働きがあります。とくにマクロファージと呼ばれる、免疫システムの「パックマン」とされる重要な免疫細胞を活性化します。マクロファージは体内を循環し、ウィルスやバクテリアやがん細胞、そのほかの危険な侵入者をむさぼり食います。また、マクロファージの活性は、病気から私たちを守る免疫システムのほかの成分にも作用します。ベータ1.3Dグルカンは免疫システムを強化し、病気になる前に原因を取り除くのです。

また、ベータ1.3Dグルカンには抗酸化作用もあります。放射線によるフリーラジカルのダメージから守ります。私たちは皆、なんらかの形で放射線を浴びているので、このことは非常に重要です。たとえば、日光は紫外線放射の主な原因ですが、これは皮膚がんの原因となるだけでなく、免疫機能を著しく低下させ、健康上のさまざまな問題を引き起こします。エックス線検査を受けるたびに、私たちはわずかながら放射線を浴びています。

がん治療にも放射線治療が用いられることがありますが、アメリカ陸軍放射線生物学研究所の研究で、ベータ1.3Dグルカンは、放射線によるダメージに対する保護力の強いことがわかっています。ラットに致死量の放射線を照射し、その後二十日間ベータ1、3グルカンを投与しました。通常、これほど大量の放射線を浴びたラットは人間と同様、放射線病にかかって死に至ります。しかし、ベータ1.3Dグルカンを投与したラットの9割が、放射線によるダメージをまったく受けていなかったのです。驚いたことに、ベータ1.3Dグルカンは免疫機能を保護する能力にすぐれ、このためラットが放射線病にかからなかったのです。

現在、代替医学の医師はカンジグ膣炎やエプスタイン・バール・ウィルス(EBV )、ヘルペス、エイズ(HIV)など、慢性的な感染症の患者にべ一夕1 、3 グルカンの摂取をすすめています。ベータ1.3Dグルカンは慢性の病気に用いられるほか、運動選手の間でも利用されるようになりました。

運動には健康を促進する効果もあるのですが、皮肉なことに、激しいトレーニングの肉体的ストレスが、免疫システムを低下させることもあるのです。マラソンランナーが激しいトレーニングを終えたあと、呼吸器感染症になりやすいのはこのためです。老化によって免疫機能が低下している高齢患者にベータ1.3Dグルカンなどの免疫強化サプリメントをすすめる医師もいます。ベータ1.3Dグルカンは免疫機能を向上させるだけでなく、処方薬と同様にコレステロール値や中性脂肪値を下げますが、副作用はありまん。コレステロール値や中性脂肪値が高いと、心臓病や心臓発作の危険性が高くなります。

  • 効能:免疫機能を強化する。放射線によるダメージから守る。血液中の脂肪値を下げる。

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

プロポリス

プロポリス(蜜ろう)は、ハチが予期せぬ侵入者や病気の感染から巣を保護するために使う粘着性の物質です。不幸にもハチの巣に侵入してしまった昆虫や小動物は、まずハチに刺され て死に、そして病気の原因となる腐敗を防ぐためにプロポリスで処置を施されます。

ハチはプロポリスをつくるのではなく、樹木から集めます。プロポリスにはレジン(樹脂) やビタミン、ミネラル、多量のバイオフラボノイドなどさまざまな物質が含まれています。

ギリシャ語で「砦を譲るもの」という意味のプロポリスは、古代には非常に重宝されました。古代療法士は、プロポリスは天然の消毒薬であり、さまざまな痛みに利用できることを直感的に知りました。ヒポクラテスは、皮膚のキズを癒したり、胃潰瘍の炎症をやわらげるためにプロポリスを処方しました。 イギリスの偉大なハーバリスト、ニコラス・カルペパーは、プロポリスが「からだのさまざまな部分のあらゆる熱や炎症に効果があり、キズの熱を冷やす」と記しています。

第二次世界大戦中には、兵士たちが、感染症を防ぐためキズにプロポリスをあてがいました。 言い伝えに関心をもった科学者がプロポリスの研究を行ったところ、プロポリスが天然の抗生物質であり、抗ウイルス性、抗炎症性化合物であることを発見しました。

近年、米国立心臓・肺研究所が行った臨床試験で、プロポリスがメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などのさまざまな病気の原因となる微生物に効果のあることが実証されました。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌は、ほぼすべての抗生物質に耐性があり、病院内でもしばしば見受けられるほどです。

抗生物質の過剰投与が、あらゆる抗生物質に耐性をもつ新種の恐るべき耐性菌を生み出していることを考えると、この事実は非常に重要です。薬品に耐性のあるバクテリア蔓延を阻止するには、バクテリアを抑制するプロポリスのような天然療法に目をむける必要があります。

プロポリスは外服、内服どちらにでも用いられます。近年、プロポリスが口内炎や口腔潰瘍、のどの痛みなどにたいへん効果をもつことがわかりました。プロポリスの軟こうを口内炎に塗ると、炎症を抑え、感染を防ぐことができます。

うがい薬として使うと、のどや口内炎の痛みを緩和して治りを早めます。 また、ヘルペスウィルスにも効果があり、ヘルペスの病変に塗ると痛みをやわらげる作用があります。カプセルで内服すると免疫機能を高めます。

  • 効効果:皮膚の傷の治りを早める。のどの痛みや口内炎に効果がある。

アシュワガンダ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

インディアンジンセンとしてとして知られるアシュワガンダは、ベラドンナの根と葉から採取したもので、インドの伝統的民族療法で使われるハーブのひとつです。

西洋では1つのハーブに含まれる1種類、ないしは2種類の成分を分離することに焦点をおいてきました。しかし、インドのハープ療法では、あらゆる成分が相乗効果で働くという考えに基づき、植物全部を使います。一千年以上もの間、アシュワガンダはインポテンツやストレス、不妊、関節炎などの治療薬として尊重されてきました。

からだのさまざまな機能に、幅広く効果のあることからアシュワガンダは高麗人参と同様、健康と活力を増強する強壮剤とされています。また、これも高麗人参と同様、スタミナ、体力、精神力を強めるともいわれています。

強壮剤になるハーブについては、西洋に匹敵するものがないので、西洋の言葉で説明するのが難しいのですが、一般的にアシュワガンダのような強壮剤はからだを強化するため、ストレスの多い状況に適しているとされます。このようなハーブは、からだが弱っているときでも平衡状態を保ってくれるからです。

現在、アシュワガンダはインドハープ複合剤に配合されている例が多く、さまざまな病気に効果があるといわれています。とくに、催淫薬や精力強化剤としても普及してきています。アシュワガンダは、性的願望や性的能力を高めるとされるハーブ( ハマビシなど)と混合された形で販売されています。インドハーブ療法士によると、アシュワガンダは性的衝動や勃起を持続させる力を高めるそうです。

また、天然の抗炎症性薬剤でもあるアシュワガンダは、関節炎に伴う不快感を軽減します。インドのプーナにあるプーナ大学で行われた研究報告では、アシュワガンダと亜鉛が配合されたハーブ複合剤を与えられた関節炎患者は、痛みと硬直が著しく軽減したということです。関節炎に効果のあるインドハーブのサプリメントが何種類か市販されていますが、その多くにカンランが配合されています。

  • 効能:エネルギーを強化する。性的能力を高める。関節炎による痛みを緩和する。

L-アルギニン

よりよい性交と強い肉体のために必要なサプリメント、それがL-アルギニンです。L-アルギニンは、最近注目されはじめたアミノ酸、アルギニンの天然の型です。近年行われた興味深い研究で、L-アルギニンは免疫機能を高め、また一部のがんに対して効果をもつことがわかっています。

エネルギー アップのサプリ

自然療法士は、性機能障害のある男性、とくに勃起状態が長時間続かず、性交に支障をきたす男性にL-アルギニンの摂取をすすめています。L-アルギニンを摂取すると、ペニスに送られる血液が増加し、勃起状態となります。残念ながらこの効果は長時間持続しないため、L-アルギニンを用いて性交を改善するには、性交を行う約45分前に摂取しなくてはいけません。

L-アルギニンはすべての人に効果があるわけではないのですが、L-アルギニンの効果を信じるに値する十分な報告が集まっています。また、いくつかの研究により、L-アルギニンが精子の数を増やすため、男性の不妊症にも効果のあることがわかっています。

L-アルギニンは脂肪を落とし、筋肉をつくる成長ホルモンの生成を促す力があることでも知られています。ボディビルダーは筋肉を増強し、たるみをなくす目的でL-アルギニンを使います。

ダイエット&筋肉アップに最適なサプリ

また、L-アルギニンは医療現場でも重要な役割をしています。たとえば、病院で手術後のキズの治癒や、重度のやけど治療に用いられています。

研究によると、L-アルギニンは胸骨の後ろにある胸腺を刺激して免疫機能を増強するといぅことです。胸腺には病気とたたかうTリンパ球と呼ばれる重要な細胞(T細胞)が、病気の感染からからだを保護するためにここで待機しています

また、L-アルギニンがT細胞の数を増やし、不必要な微生物からからだを保護する力を強化することもわかっています。さらに日本の研究者が行った試験管テストでは、L-アルギニンが人間の免疫細胞に作用し、人体のもつ抗がん細胞であるナチュラルキラー細胞の生成を誘発することがわかっています。また動物実験では、L-アルギニンがさまざまながん腫癌の成長を抑制することも明らかになっており、このような研究の結果、現在、L-アルギニンのがん治療への使用が検討されています。

効能:男性の性的能力を高める。筋力増強に役立つ。免疫機能を強化する。

注意:確固とした証拠はありませんが、アルギニンがヘルペス感染を誘発するという説もあります。しかし、これはヘルペスウィルスを抑制するリジンを500 mg 摂取することで防ぐことができます。

αカロチン

有名なカロチノイド族の筆頭、アルファカロチンからです。カロチノイドは果物いろどや野菜に含まれる物質で、天然の色素でもあります。

最近、カロチノイドは単なる彩り野菜ではなく、抗酸化剤や抗がん剤としての効果にすぐれていることがわかりました。植物の生長には日光が必要ですが、それでもやはり太陽から出される紫外線(UV)を日常的に浴びると、危険なフリーラジカルが形成され、遺伝子に異常をきたします。

植物は生存競争のなかで、危険要素となるUVから身を守るためのメカニズムを必要とします。それがカロチノイドです。

カロチノイドは紫外線を取り除き、発がん物質から身を守るためのサンスクリーン効果をもつ天然物質です。植物中に存在するカロチノイドは500種類以上もあり、約50種類が食用の果物や野菜に含まれています.

カロチノイド族全体のなかでもっとも有名なのが、ベータカロチンです。ベータカロチンにはビタミンA前駆体として、からだの要求に応じてビタミンAに変化する働きがあり、これまでの研究はベータカロチンを中心に行われていました。

そして最近まで、ベータカロチンそのものは利用価値がなく、ビタミンAに変化してはじめて体内で有益になると広く考えられていました。しかし現在は、ベータカロチンなどのカロチノイドにはそれぞれの効能があることがわかっています。

1980年代、いくつかの研究でベータカロチンが、一部のがんに対して効果のあることがわかり、脚光を浴びました。ほかのカロチノイドにも隠れた効能を期待して研究を行ったところ、驚くべき事実が判明しました。

それまで無名だったカロチノイドが素晴らしい抗がん活性を示し、しかもその多くが、ベータカロチンよりも効果が高かったのです。そのひとつαカロチンは、これまではまったく注目されていませんでしたが、現在はサプリメントとして見直されています。

αカロチンが動物実験で、肺がんや肝臓がん、皮膚がんのがん細胞数を大幅に減少させたのです。実際、αカロチンはβ-カロチンの十倍も、皮膚や目、肝臓や肺の組織をフリーラジカルによるダメージから保護する力をもっています。また、β-カロチンと同様に、αカロチンもビタミンA へと変化します。

αカロチンをもっとも多く含む食物は、調理した人参やかぽちゃです。αカロチンのサプリメントは単体で販売されているほか、混合カロチノイド・サプリメントや抗酸化剤補助食品にも配合されています。

  • 効能・効果:天然抗酸化剤、フリーラジカルのスカベンジャー(捕捉機能)としての働きがある。抗がん作用が高い。
  • 用法・用量:毎日、3~6 mgを混合カロチノイドから摂取。
  • コメント:アメリカで日常的に食されている果物や野菜には、20種類のカロチノイドが含まれていますが、食事だけでは十分にカロチノイドを摂取できません。実際、米国立がん研究所の勧告どおりに、毎日五種類の果物や野菜を摂取しているのはアメリカ人の10%にすぎません。赤色やオレンジ色の果物や緑黄色野菜など、できるだけカロチノイドを多く含む食物を摂りましょう。必要なすべてのカロチノイドを十分に補うためには、αカロチン、βカロチンのほか、リコピンルティンなど、色々な抗酸化物を摂取するのがいいでしょう(リコピンは前立腺がんの危険性を減らし、ルティンは黄斑変性の予防に効果があります)。

糖素減

ゴーヤー(蘭山苦瓜)の有用成分

他の苦瓜に比べ有用成分の多い「蘭山苦瓜」。蘭山苦瓜は品種改良されていない非常に希少な品種。有用成分を豊富に含んでいるのが特長です。

チャランチン
あの独特な苦みとなる成分。糖対策を強力にサポート。
コロソリン産
有用性が学会でも報告されている注目の成分。
モモルデシン
チャランチンンと同じく苦み成分。糖・脂対策をケアする。

その他にも共役リノレン酸、カロチン、ビタミンC、食物繊維、葉酸などが含まれます。

もともと、苦瓜は健康成分を多く含み、ビタミンやミネラルが豊富です。そのほか、糖にアプローチする重要な成分も含まれています。

農薬・重金屈が検出されない苦瓜は、極めて安全性が良く、成分が安定しばらつきが少なく、注目の糖サポート成分をたっぷり含んでいます。その条件を満たす蘭山苦瓜は、糖が気になる方にとって非常lに貴重な食材です。

糖コントロールに悩まされている方に是非飲んで欲しい

「蘭山苦瓜」(らんざんにがうり)をご存じだろうか?苦瓜(ゴーヤ)の一種なのだが、糖に働く成分が豊富に含まれている植物であるため、近年、テレビ等でも取り上げられ、話題になっているゴーヤの種類です。もともと、苦瓜(ゴーヤ)という野菜は、糖に働く成分が多く含まれており、その独特の苦味の元となる成分「チャランチン」や「モモルデシン」が糖対策をサポートすることで知られている。また「コロソリン酸」という成分が直接アプローチするとして学会で注目されるなど、とにかく糖対策への有用性について数多くの報告がされている野菜です。

そんな苦瓜の中でも、特に有用成分が多く含まれている品種が「蘭山苦瓜」なのだから、話題になるのは当然です。どうにかこの苦瓜を入手したいものだが、蘭山苦瓜は希少な品種であるため、国内では入手困難。現在、蘭山苦瓜を摂り入れる方法は「糖素減」というサプリメントを飲むことが唯一の方法です。

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」の使用感&口コミ(糖を下げる)
https://www.cause-reason.info/tosogen/

γ-リノレン酸(ガンマの油)

最近は、西洋医学一辺倒ではなく生薬・粉薬、漢方薬を西洋薬と合わせて数百種類を超えて独自のストレッチや良質な健康食品を組み合わせて使用している病院も増えてきました。西洋薬の副作用を抑えるためには、やはり自分の免疫力を高めていくことがとても重要です。

漢方の効果をよく知る専門医は30~40年にわたる経験を生かし独自のオーダーメード療法で他の医療機関と一線を画す治療でよい成績をあげているところもあります。

高い評価を受けている健康食品の1つに、微生物発酵法で作られガンマたγ-リノレン酸( ガンマの油)があります。ガンマの油をとることで、赤血球の柔軟性を取り戻すことが期待できます。

1度失った腎臓の機能は取り戻すことができないのですが、適切な治療にガンマの油を組み合わせることで、腎機能の維持や改善も期待できます。実際の症例です。

別の医師から腎機能の低下を指摘されていました。慢性腎臓病が悪化して人工透析を受けるようになると、日常生活に大きな制約が生まれてしまいます。なんとか人工透析を回避したいと願うのは当然です。

当時、ののクレアチニン値4.9mgで、尿素窒素は、62.1mgもありました。足のむくみにも悩まされており、歩くのがつらいと、しきりに訴えていました。そんな方でも漢方治療と併用してガンマの油を飲んだところ、4ヶ月後の検査でクレアチニン値が4.1mg、尿素窒素が50mgまで改善。足のむくみも軽快してらくになったのです。

次の方の症例は、血管炎(血管に炎症が起こる自己免疫疾患の1つ)が原因で慢性腎臓病を発症。別の医療機関で治療を受けていたものの、治療効果が見られませんでした。

漢方薬と併用してガンマの油のを飲むと、高かったクレアチニン値が1ヶ月後後に3.5mg、2ヶ月後に2.8mg、3ヶ月後に2.5mgと、順調に改善していきました。

慢性腎臓病の方の場合腎機能値を維持するだけでも大変なことです。検査のたびに数値の改善が見られたこの症例は、慢性腎臓病の方にとって明るい希望の光になるでしょう。

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)サプリ「イッチノン」の使用感&口コミ(腎機能の回復)

濃縮乳酸菌

抗腫瘍剤の特許を持つ濃縮乳酸菌は免疫の要「腸」を劇的に強化する

吐き気がしんどい、倦怠感で動く気力がない、食欲が全くない、などの抗ガン剤の副作用に悩むガン患者は後を絶ちません。

副作用を抑えることができれば、生活のQOLをアップさせることもできます。 がんやがん治療の副作用で免疫力が低下している方々には濃縮乳酸菌が効果大です。

濃縮乳酸菌とは、免疫力増強作用が乳酸菌の中で最も優れているFK-23菌は一包あたり4兆候も含むのです。

乳酸菌は、免疫力の要である腸内の環境を善玉菌が優勢の状態にすることで、治療効果を高めます。濃縮乳酸菌には「腫瘍壊死因子(TNF)というガン細胞を殺す働きのある物質を増やすという研究報告まであります。

TNFを増やす働きは、OK-423という抗ガン剤に匹敵するほどです。抗ガン剤と同じ働きをもつ濃縮乳酸菌は「抗腫瘍剤」としての特許も取得しています。

濃縮乳酸菌によってガンがよくなったり、抗ガン剤の副作用がほとんど改善された「生の声」はこちらです。

健康ゆすり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

健康ゆすりは末期の股関節痛に最適なジグリングが効果的にできる

ジグリング(貧乏ゆすりのような運動)はどのくらいの期間おこなうと股関節痛が和らいでくるのでしょうか?まだ、明らかになっていない点も多く、研究の段階ではありますが、おおよそ6~12か月ぐらいで効果を実感できるようです。

実際の体験談から「習慣になるまで頑張った」などの声も聞かれました。ただし、長期間を通してジグリングをおこなうのは大変なことです。うまくできなかったり、後から筋肉痛が出る人もいます。

自力でおこなうジグリングでは、股関節症の人の関節温存手術の後、股関節の隙間が開くまでには12か月ほどを要していたのですが、それが、健康ゆすりを使用することで6か月前後に短縮されたという例もあります。

保存療法として健康ゆすりを使用するなら、1日に2時間くらいの使用で、多くの場合、数ヶ月~数年のあいだ継続しておこなうと、関節の隙間が拡大していることがレントゲン写真で確認できるようになります。また、痛みがある場合には、3~4か月以内に消える例も多くあります。

股関節の激痛で脚を切断したほうがまだマシだ、と思ってしまうほどの痛みが消えた

60歳男性のAさんは、15年前に、左股関節が末期の変形性股関節症であると診断され、医師からは人工関節の手術を勧められていました。その後も次第に症状は悪化し、何もしないでいる時にも股関節がズキズキと激しく痛むようになって、あまりのつらさに「脚を切断してしまいたい」とさえ思ったといいます。Aさんは結局、関節温存手術を受け、さらに入院中の4ヶ月間、ジグリングの機械を使用したところ、手術直後には開いていなかった股関節の隙間が、少しずつ広がっていきました。退院後に健康ゆすりを1日に1時間使用すると、隙間が順調に広がって、MRI検査では軟骨が再生していることが確認できたのです。長い間、苦しんできた股関節の痛みも治まりました。

日常生活で股関節にかかる負荷を減らすことが大事

健康ゆらしは、股関節の関節温存手術を以前におこない、再び悪化してしまった人にも効果的です。ただし、人工関節置換術を既におこなっている人は、健康ゆらしを使用しないでください。

健康ゆらしの効果をより上げるためには、普段生活している中で、股関節にかかる負担をできるだけ減らすことがとても大切になります。股関節にかかる負荷を少なくするよう工夫しながら日常生活を送り、健康ゆらしを活用すると効果アップに期待できます。

健康ゆすりによるジグリングの口コミはこちら。