有機ゲルマニウム粉末 純度100% 水溶性 最高品質 有機ゲルマニウムは、発がんを強力に抑制し、ガンの初期~末期までも撃退

これまで、治療がうまくいかないガン患者さんや、治療法のなくなった末期ガンの患者さんのための情報です。 そんな患者さんたちにおすすめしてきたのが、有機ゲルマニウムを豊富に含むスーパーゲルマンです。 有機ゲルマニウムは、植物が堆積・石化した石炭から抽出・合成されたミネラルです。食品では、朝鮮ニンジンや、サルノコシカケというキノコなどにごく微量だけ含まれています。

半導体に使われている無機ゲルマニウムとはまったく違うもので、有機ゲルマニウムに毒性はありません。そればかりか、さまざまな難病の治療に好影響を与えるとわかってきました。ガンに対する有機ゲルマニウムの働きは、全国の大学病院や研究機開から報告されています。 大きく分けると5つの作用があります。

  1. 抗酸化作用 ガンができる原因の1つが活性酸素です。活性酸素が体内で過剰に増加すると正常な細胞を攻撃するようになります。活性酸素で細胞内の遺伝子が傷つけば、ガンの芽が発生します。有機ゲルマニウムには、強力な抗酸化作用があり、酸化された細胞を元に戻す働きがあります。北里大学で行われた試験では、ガン患者さんの血清に有機ゲルマニウムを加えたところ、酸化が抑えられたと報告されています。
  2. 抗腫瘍作用 腫瘍とはガンのこと。抗腫瘍作用とは、発ガンや転移を防いだり、ガンを縮小・消失させたりする働きです。岡山大学で行われた動物実験では、事止別に有機ゲルマニウムを与えたマウスは、与えなかったマウスに比べて八割以上の割合で発ガンが抑えられたと実証されています。東北大学からも、有機ゲルマニウムでガンの増殖が抑えられ、転移を明らかに防げたという実験結果が報告されています。
  3. 抗炎症作用 東北薬科大学では、有機ゲルマニウムと抗炎症薬の効果を比較する実験を行っています。その結果、有機ゲルマニウムには抗炎症薬と同等かそれ以上の抗炎症作用があるとわかりました。
  4. 免疫力強化作用 有機ゲルマニウムには、免疫ガンマカを強化するγ型インターフェロンを増強させる働きがあります(上の図参照)。γ型インターフェロンは、ガンと闘うT 細ナチュラルキラー胞やNK細胞といった免疫力にかかわる細胞を強力に活性化する生理活性物質です。東北大学医学部、鳥取大学医学部、北里大学などの研究では、有機ゲルマニウムをとると、年代を問わずγ 型インターフェロンが増強すると確認されています。
  5. 鎮痛作用 ガンの痛みが激しくなると、患者さんのQOLが低下し、治療を続ける気力も落ちていきます。ガン治療において、痛みを和らげて睡眠や栄養の確保を行うことはとても重要です。有機ゲルマニウムが痛みを和らげるしくみを解明したのは昭和薬科大学。有機ダルマニウムをとると、鎮痛作用のあるホルモンのような働きを持つぶんぴつ物質が分泌されるとわかりました。

以上のように、有機ゲルマニウムには1.抗酸化作用、2.抗腫瘍作用、3.抗炎症作用、4.免疫力強化作用、5.鎮痛作用という、5つの優れた抗ガン作用があるのです。

純度100%の有機ゲルマニウム粉末Ge-132


  • 純度100%の有機ゲルマニウム粉末Ge-132 各期間検査済み
  • 純度100%有害物質の分析証明書証付
  • 水またはお湯に溶けやすく安定した濃度と高い浸透性が特徴
  • 改ざん防止セーフティベルト付きボトルに無菌小分け
  • 専用セーフティボトルにより開封後も高品質の維持が可能

関連ページ

  1. ガン患者に評判のタヒボ茶は、類似品が多数流通しているので注意
  2. 糖質オフはガンも防ぐ
  3. 有機ゲルマニウムでガンを克服した体験談(効能、効果、使用感など)
  4. 前立腺ガンもスーパーゲルマンで術後の体調が良好
  5. 子宮頸がんの治療の副作用もスーパーゲルマンで軽減できた
  6. 直腸ガンを手術後、薬の副作用に苦しめられたがスーパーゲルマンで治まり再発・転移はなし
  7. 有機ゲルマニウム粉末 純度100%のスーパーゲルマンで咽頭ガンがよくなった
  8. 有機ダルマニウムで末期のガンが縮小・消失する
  9. 有機ゲルマニウム粉末 純度100% 水溶性 最高品質 有機ゲルマニウムは、発がんを強力に抑制し、ガンの初期~末期までも撃退
  10. ガンの種類別、なりやすい人、なりにくい人
  11. 激しすぎる運動はNG「ニコニコペース運動」がガンを防ぐ
  12. 口呼吸は免疫力を低下させ悪影響「鼻呼吸」
  13. 1日15分の自律訓練法
  14. リラックス効果が免疫力をアップ「芳香療法」
  15. 自然治癒力・抵抗力がアップする「座禅」
  16. よいイメージを思い浮かべNK細胞を活性化させる「イメージ療法」
  17. 十分な睡眠による新陳代謝が免疫力を強化する
  18. 乱れた自律神経を音楽療法でリラックスさせる
  19. 月1回の針治療が細胞を活性化させる
  20. 身体的状況、行動、思考を最もリラックスした状態に「心理療法」
  21. 大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発になる
  22. 足裏マッサージ「足もみ」
  23. 助かる見込みのなかった肝臓がんが乳酸菌の大量摂取でほぼ消えた
  24. 乳酸菌は大腸がん以外にも胃がんや乳がんにも
  25. 腸を若返らせる乳酸菌大量摂取
  26. 便秘は腸が腐敗しがんの発病、再発の危険が増大、腸もみがおすす。
  27. 日本人に多い大腸がん
  28. ガン退治ジュースは季節や症状に合わせて変える
  29. ガン退治にはビタミンが必須
  30. 金時ショウガでガンの再発も免れた
  31. 金時しょうがで冷え改善
  32. 金時しょうがは内側から温める
  33. 冷え症も腹巻きで改善できる
  34. 夏は腹部の冷えから全身の冷えを招く
  35. 冷えているか冷えていないかは下腹でわかる
  36. 冷えの有無は下腹でわかる
  37. 女性は特に冷えが要注意!がんを誘発しやすい
  38. 乳がんの内視鏡手術は傷跡が小さくリンパ浮腫の心配も不要
  39. オペではなく口から内視鏡を入れて肩のがんだけを切り取る「電気メス治療」
  40. 早期の肺ガンなら痛みも副作用もないレーザー治療で完治できる
  41. 再発率が高い脾臓も免疫療法で高い効果が
  42. 免疫療法は手術では取り切れない転移した微少なガンに特に有効で
  43. 免疫療法は副作用がほとんどない