ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、北米大陸南東部に自生するシュロ科の植物であり、英
名はソーパルメットという。ノコギリヤシの果実に含まれる成分が前立腺
肥大症に効果がある。

前立腺は、男性の膀胱の出口(頸部) から尿道にかけて、尿道を囲むように位置しているクルミ大の臓器である。
前立腺には内腺と外腺がある。前立腺肥大症は、尿道に近いほうにある内腺に小さな結節(肥大結節という)が生じ、その結節が大きくなり外腺を圧迫するため前立腺全体が肥大してくる病気である。

この肥大結節は、30歳代から生じ始め、50歳代で50% 、70歳代では70% の男性に認められる。前立腺肥大症の初期には、尿がなかなか出ない、尿に勢いがなくなり尿が足元にポタポタ落ちる、何度も排尿に行きたくなる、排尿に時間がかかるようになる、排尿時に強い力を加えなければならない、などの症状がある。
ノコギリヤシエキスは、特にこれらの初期症状の改善や予防に効果的である。前立腺が肥大する一因として、ジヒドロテストステロン(DHT) という男性ホルモンが前立腺に存在する受容体と結合するときの刺激があるDHTは、男性ホルモンであるテストステロンから酵素によって作り出される。加齢に伴いテストステロンがDHTに転換される割合が多くなると、中高年の男性では過剰のDHT の作用によって前立腺肥大が生じる。
ノコギリヤシエキスに含まれる脂溶性の有効成分は、テストステロンが前立腺の受容体に結合するのを抑制する。
また、テストステロンをDHTに転換する酵素の働きも抑える。 さらに、ノコギリヤシエキスは、抗炎症作用と抗痙攣作用をもつため、アセチルコリンに桔抗して抗痙攣作用を発揮することで、勝胱から尿道にかけての狭窄を緩和すると考えられる。

膀胱・前立腺の症状を有する高齢男性がノコギリヤシエキスを利用する場合、それらの症状が前立腺肥大症によるものであることを確認する必要がある。 たとえば、痛みを伴う残尿感が急に現れたのであれば膀胱炎が考えられ、排尿困難は風邪薬や胃薬の副作用としても生じる。軽度から中程度の前立腺肥大症と診断されたとき、あるいは病気を予防するためにサプリメントを使用する場合、1 日あたり200~320mgを継続して摂取する。少なくとも1~2 ヶ月摂取して効果を判断する。
欧米の研究者は、前立腺肥大症の予防のために45歳くらいからの摂取を勧めている。 また、前立腺肥大症に対する医薬品の効果が十分ではないときに、ノコギリヤシを併用することができるという。
ノコギリヤシのサプリはこちら