ノニ

ノニというのは、東南アジア原産の植物であり、果実が可食部である。学名は、モリンダ・シトリフォリアといい、日本でも沖縄・八重山諸島などに自生する。ノニは、ポリネシア諸島の国々における伝統医療において、鎮痛消炎作用の他、いろいろな効果をもつ万能薬として、2000年以上の間、用いられてきたという。現在、ノこの果実に由来するサプリメントが、生活習慣病を予防する機能性食品として注目されている。

効果、効能は、抗ガン作用(基礎研究のみのデータ)。鎮痛作用(基礎研究のみのデータ)。
生活習慣病の予防と改善。糖尿病の改善。

ノニの有効成分として、米国農商務省のファイトケミカル・データベースには、アントラキノン類に属するダムナカンタール、アルカロイド類やテルペン頬、フラボノイド類が登録されている。また、ビタミンCやカリウムを比較的多く含む。
なお、ノニの作用メカニズムとして、キセロニン・システムという仮説が唱えられている。キセロニンは、アルカロイドの一種であり、ノニの有効成分の1 つであるプロキセロニンから、プロキセロナーゼという酵素の働きで作り出される。このキセロニンが、体内で働くさまざまな酵素などのタンパク質に作用することで、効果を発揮するという説だ。ただし、このメカニズムは証明されたわけではなく、疑問視する研究者も少なくない。

ヒトを対象にした臨床試験はまだ十分ではない。基礎研究において、ノニに由来するダムナカンタールの抗ガン作用や、ノニジュースの抗ガン効果などが報告されている。
また、動物実験において、ノニを投与した際に中枢性の鎮静効果が得られることが示されている。ノニ葉抽出物の糖尿病に対する改善効果が、基礎研究と臨床試験によっで報告された。
まず、薬剤誘導性糖尿病ラットおよび自然発生Ⅱ型糖尿病マウスに対して、ノニ葉抽出物を投与したところ、血糖値の上昇が抑制されたという。次に、ボランティアの被験者を用いた臨床試験では、ノこ抽出物添加によって空腹時血糖値の低下が認められた。その他、ノニに存在する脂質過酸化抑制物質に関する研究報告も発表されている。