オリーブリーフ

オリーブといえば、調理用のオイルや、オリーブオイルを含む基礎化粧品などが一般的。ここ最近、健康効果が高いと評判のオリーブオイルはオリーブの実からとられたものだ。一方、サプリメントとして注目されているのは、オリーブリーフ(葉)である。オリーブは、地中海沿岸の諸国で古来より食用および薬用に用いられてきた。たとえば、古代ローマ時代の博物学者プリニウスが、オリーブオイブレやオリーブリーフを薬として使用したことを記録している。ヨーロッパの伝承医学では、オリーブリーフが動脈硬化や高血圧、糖尿病などに対して用いられてきたという。現在では、オリーブリーフに特有の抗酸化栄養素が知られるようになり、生活習慣病の予防に利用されている。

効果・効能では、抗酸化作用による生活習慣病の予防。高血圧や糖尿病、高脂血症の予防
や改善。風邪の予防などがあげられる。

オリーブリーフには、テルペン類やフラボノイド類などの抗酸化成分が存在する。それらの中で、オリーブリーフに特有の成分は、テルペン須のオレユロペンである。

糖尿病の改善に関して、次のような研究が報告されている。まず、1992年にスペインで行われた研究では、糖尿病モデル動物にオリーブリーフを投与したところ、血糖値が低下し、糖尿病が改善した。そして、この血糖値降下作用は、冬期、とりわけ2月に採取したオリーブリーフに顕著であったという。
また、1999年にトルコから報告された研究では、糖尿病モデル動物において、オリーブリーフ抽出物が、糖尿病に伴う症状を改善することが示唆されている。