キャッツクロー

南米ペルー原産のハーブ。 抗炎症作用や免疫賦括作用が示されている。関節炎や関節症の痛み緩和に利用される。

効能・効果は、関節リウマチや変形性関節症の痛みの緩和0 抗炎症・鎮痛作用。抗酸化作用や免疫賦括作用。

有効成分として、イソテロボディンやミトラフイン、リンコフィリンといったオキシインドール・アルカロイド類、カチキン類、タンニン類、ポリフェノール類などがある。特に、アルカロイド頬にはキャッツクロー特有の成分があり、基礎研究において白血球の貪食作用やTリンパ球の機能を高めることが示されている。

また、リンコフィリンは、血管内細胞を弛緩させ、末梢血管を拡張し、交感神経計の興奮を抑えることで血圧を正常化する。なお、抗炎症作用はTNFαの産生を抑えることによるとされれる。


関節リウマチや変形性関節症の症状を緩和することが報告されている。まず、2002 年にオーストリアから報告された臨床試験では、40人の関節リウマチ患者に対して、キャッツクローが24~52週間にわたり投与された。その結果、関節の腫れや痛みといった症状が有意に改善したという。 また、特に問題となるような副作用は認められなかった。


次に、2001年にペルーから幸ほされた臨床試験では、45人の変形性関節症患者に対して、キャッツクローが投与され、症状が有意に改善した。また、スウェーデンで行われた臨床試験では、キャッツクローによってDNA障害が減少したという。この他、動物実験など基礎研究では、抗ガン作用、免疫賦活作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用が認められている。日本においても、基礎研究がいくつか発表されてきた。しかし、ヒトを対象とした臨床試験はまだ十分ではない。

一般に、1日あたり数百mgを摂取する。ただし、有効成分の含有量に関して、個々の製品によるばらつきが大きいため、選択の際、注意が必要
である。