レッドクローバー

レッドクローバーは、女性ホルモン様の働きをするイソフラボン類を含み、女性特有の症状を改善するハーブとして注目が集まる。和名はアカツメクサといい、赤紫色の花をつける。日本でよく見られるクローバーは、白い花を咲かせるシロツメクサである。

有効成分は、ダイゼインやゲニスティンといったイソフラボン類、クマリン誘導体、揮発油などである。特に、イソフラボン顆による作用が注目されている。イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲン様の作用をもち、女性特有のさまざまな症状の緩和に有用と考えられる。

更年期を楽に過ごしたい!

女性では、加齢によってエストロゲンが減少したりストレスによってホルモンバランスが不安定になったりして、生理不順や月経前緊張症、更年期障害などさまざまな症状が現れる。これらの症状の改善に、植物性エストロゲンであるイソフラボン類の作用が期待されている。 レッドクローバーの効果を検証した臨床試験がいくつか報告されている。たとえば、2001年にオーストラリアの病院から発表された研究では、46人の閉経後の女性に対してレッドクローバー由来のイソフラボンが6ヶ月間投与された結果、HDL(善玉) コレステロール値の上昇、アポリボプロティンBの減少が認められ、脂質代謝を改善することが示された。

また、骨密度も増加しており、骨粗軽症に対する効果も示唆されている。しかし、効果が明らかでないとする臨床試験もある。

たとえば、ある研究では、更年期障害の症状の1つである「ほてり」に対して、51人の女性に40mgのレッドクローバーを投与したが、有意な効果は認められていない。 また、閉経後の女性37人に対して4~160mg のレッドクローバーを12週間投与したところ、「ほてり」の症状は減少したが、プラセボ(偽薬) 群と有意な差は認められなかった。臨床研究の中には、投与期間が短すぎたり対象人数が少なすぎたりして有意な結果が認められないケースも考えられる。長期投与における効果と安全性を明らかにするために、さらなる研究が必要と考えられる。

レッドクローバーには女性ホルモンに似た働きをもつ成分が含まれている