ボスウェリア(カンラン)

ボスウェリアは古代のハーブ薬のひとつで、現在は代替医学の最先端をいくハーブ薬です。インドハープ医療で何千年もの間用いられてきたボスウェリアは、骨関節症(いわゆる「消耗関節炎」) やリウマチ様関節炎(RA)、骨を保護する軟骨が破壊される自己免疫障害の治療薬として見直されつつあります。

リウマチ様関節炎では、関節が痛んだりはれたりし、ひどい場合には関節が衰弱してしまいます。一般的に非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDS)を投与しますが、治療薬はありません。かいよう問題なのは、どの薬にも副作用があり、とりわけ胃潰瘍など胃の病気にかかりやすいことです。また、こういった薬は効果が長続きしないため、投薬法をしばしば変えなければならないことは、よく知られています。

ボスウェリアなどの天然の治療薬は、NSAIDによる危険な副作用を伴うことなく関節炎を緩和します。関節炎患者にボスウェリアを与えたところ、驚くべき結果が得られ、痛みや炎症に処方されることがもっとも多いN S A I D と同様の効果がありました。ボスウエリアは、炎症を引き起こし、フリーラジカルを形成する体内物質ロイコトリエンの合成を阻害します。また、乾癬や潰瘍性大腸炎など、ほかの炎症性の病気治療にも効果があります。

関節炎に効くサプリメントには、ボスウェリアのほか、クルクミンやアシュワガンダなどの抗炎症性のインドハーブが配合されています。

また、ボスウェリアは関節炎を緩和すると同時に、心臓病の予防にも効果があります。インドで行われた研究では、ボスウェリアが心臓病や心臓発作を起こす危険要素となる、血中コレステロール値および中性脂肪値を低下させることがわかっています。

  • 効能:関節炎の症状を緩和する。血液中の脂肪値を正常に保つ。

ボスウェリアのサプリ