ブロメライン

パイナップル果汁に含まれる酵素、ブロメラインには炎症を抑え、たんばく質を分解する強い力があります。ブロメラインは優秀な消化酸であり、食物やサプリメントに含まれる栄養分の吸収を高めます。キズロの痛みや炎症を抑える作用もあって、少なくともこの点では、イブプロフェンやナプロシンなどの非ステロイド性炎症薬(NSAID)よりすぐれていることは確かです。

NSAIDは、普通、炎症の原因となるホルモン性の化合物、プロスタグランジンを抑制し、炎症を抑えます。しかしプロスタグランジンには胃の内壁を保護する働きがあるため、NSAIDは胃の不調や、さらにひどい出血性の潰瘍などを引き起こします。

ブロメラインはこれとは逆に、限局性のはれの原因となるフィブリノーゲンを分解する体内化合物、プラスミンの生成を刺激して炎症を抑えるのです。

ブロメラインは痛みと炎症の緩和に効果があるうえ、NSAID に特有の胃腸の不快感を伴いません。プロメラインは、消耗性のケガの多いアスリートの間に普及しつつあります。ブロメラインはフィブリノーゲン(血液凝固因子)に作用するため、凝血などの深刻な症状も防ぎます。

フィブリノーゲンは血液の凝固に必要な物質です。フィブリノーゲンのあるおかげで、私たちはケガをしても出血が止まりますが、フィブリノーゲン値が異常に高くなると、必要以上に凝血して心臓病や心臓発作を引き起こします。実際、フィブリノーゲン値が高い人は心臓病の躍病率が高くなります。喫煙者は、フィプリノーゲン値が平均より高い傾向にあるため、心臓発作を起こす割合も高くなります。

ある研究で、心臓病患者にプロメラインを与えたところ、フィプリノーゲンが分解され、血液細胞同士の固着を阻害することがわかりました。ドイツでは、心臓病患者に毎日100~140 mgのブロメラインを投与したところ、患者14人の狭心症や胸の痛みが完治しました。

なかにはわずか3日間で改善した患者もあり、ほかの患者についても、90日以内に症状が改善されました。これまでに心臓病にかかったことのある人は、養生法にプロメラインサプリメントを加えることを医師や専門家に相談してください。ブロメラインは心臓血管に効果のあるサプリメントに配合されています。

  • 効能:消化を助ける。炎症によるはれや痛みを緩和する。凝血を予防する。