チワヤ

古代中国のハーブで、運動効率を高め、持久力を強化することができるでしょうか。この可能性を肯定する興味深い証拠があります。1700年以上もの間、中国の古代医療法では疲労を緩和し免疫機能を高めるのに、チワヤの根が使われてきました。

登山者は酸素が少ない高山でも活動できるようにチワヤを使用しているという話を聞き、医療研究者はこれに目をつけました。最近アメリカと中国で行われた研究の結果、トレーニングの効率を高めるという理由から、フィットネス専門家の間でチワヤが配合されたスポーツサプリメントが急速に広まっていることがわかりました。

こういった製品は、エネルギーを高めたい人のたふかつめのハーブ(賦活薬)としても販売されています。中国予防医療アカデミーとノーステキサス大学ヘルスサイエンスセンターの生理学部門による研究で、チワヤが運動中により多くの脂肪を燃焼し、炭水化物をあまり燃焼しないように自然代謝を変化させることがわかりました。

からだはまず炭水化物を燃焼したあと、脂肪を燃焼するので、筋肉中の乳酸の生成が遅れ、疲労や筋肉痛を引き起こします。

したがってチワヤは、効果的に代謝を変化させます。もちろん、より多くの脂肪を燃焼できるという利点もあります。チワヤはカフェインなどの刺激剤やステロイドを含んでいないので、多量に摂取しても安全です。

このようなサプリメントが普及しはじめたのは、運動選手が危険な薬品を拒否し、薬物検査に耐える安全な天然のサプリメントを選ぶようになったためです。チワヤはシベリアン・ジンセングやカンゾウ、ピーポーレンなど、運動効率を強化する化合物の入ったサプリメントに配合されています。