大腸ガン、肝臓ガン手術と浄血療法の併用で助かった命

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

まずは、私のガン病歴から。昭和63年8月、S字結腸ガン切除、平成元年、甲状腺腫瘍切除、平成2年1月、大腸ガンの肝転移で左葉切除しました。

いまこうして生きているのが不思議といえば不思議かもしれません。昭和63年の7月、子供たちが夏休みに入り週末に山口の実家の母をたずね、夜に姉たちと食事をしながらビールを少し口にしました。すると、すこししておなかが下りだし、トイレに行ったら真っ赤な血が出ているではありませんか

これほただごとではないと思い、次の目白宅に戻り、親戚の胃腸科医院をたずね、検査となりました。心配していたとおりかなり進行した大腸ガンでした。

もともと腸が過敏な方で、心配になり数年前に同じ医院で大腸の検査をしましたが、その時は、問題ありませんといわれていました。

幸い術後はとても順調であったし、家が気になっていたので2週間くらいで帰りました。そして平成3年の夏、暑い日々で、ときどき小さい缶ビールを飲んでいましたが、今までと違って頭がすっと吸い込まれそうになるという、変な感じがよくあり、こんなにビールに弱かったかなと思うことがありました。

その後、咳が出始めてずっと続き、「あまりいい咳ではないね」とは皆からいわれていましたが冷房のせいかと思っていいました。しかしこれがガン転移の兆候だったのです。あとから外科医院でのデータを見せてもらったら、5 月(3ヶ月前)の腫瘍マーカーがすでに正常値の上限を超え始めていたのです。

これから手術の1 月まで、このマーカーがうなぎのぼりに上昇した。そしてこれからが私のガン闘病となります。平成3年8月末の腫瘍マーカーの値が異常値になっていて、かかりつけの医師が大学病院の放射線科に紹介され、CTを9月中ごろとりました。

この結果は悲惨で、「手術はもほやできない、化学療法しかない」ということでした。「放射線科では肝動脈注射療法で数人の方が延命しておられる。あなたもやってみましょう」という内容でした。

夫と聞いてがっかりし、次の検査のための入院のベッドがあく1ヶ月後まで、夢だったらいいのにと毎日泣いていました。そんなとき、姉が東洋医学のクリニックに相談に行ってくれました。まさに、私のガン闘病についてもっとも強い影響力を持つオピニオンリーダーにあたる先生となったきっかけになりました。

先生の指示が的確で質の高い内容であったため現在の私があるようなものです。私は深刻な試行錯誤を繰り返すことなく、先生の指示をストレートに信じて、実行しました。「大丈夫ですよ。よくなりますよ」となんらことも無げに明るくいわれ、とにかくやってみょうという気になりました。

そしていわれた玄米食と人参・リンゴジュースをさっそくはじめ、入院してからも個室だったので婦長さんに無理をいって続けさせていただいた。「血管造影の結果が思っていたよりよかった」と放射線科の医師からいわれましたが、治療方針は変えられませんでした。

その後も次々検査がつづきました。ある日、放射線科の若い医師がベッドに腰かけて、「どうして切らないの」といわれ、「エー!、手術できないと外来の先生からいわれていたのに」と思わず興奮してしまいました(少し希望が出てきたぞ! )。

義兄(医師) に電話して尋ねると、「それはオペしてもらいなさい」。私の職場の上司の薬剤部長も同じ意見で、外科の教授に若い主治医が紹介してくださいました。

1月のはじめに入院し、ベストメンバーで8 時間に及ぶ手術を行ってもらいました。術後2 週間くらい付き添いのおばさんについてもらいました。

術後は食事を少しとったらおなかいっぱいになることはありましたが、順調でした。術後40日くらいで退院しました。そして、「予防のために化学療法をしましょう」ということですでに手術中にリザーバーが埋めこんでありました。

5FU (抗ガン剤の一種) の動脈注射をはじめは1週間に1回、その後2 週間に1 回おこなった。CEA (腫瘍マーカー) が術前35.0 であったのが術後6.8 になり2 ヶ月後に2.3に下がり外科の教授の話でこんなに下がるとは思わなかったと言われたそうです。

この動脈注射を1年続けた後、肝臓のCTを摂っていただき、全く心配ないことがわかりました。その後、動脈注射は打ち切りとなり、内服のガン薬(フルツロン)に切り替わりました。その後、フルツロンを服用しましたが、副作用らしきものはほとんどありませんでした。

ガンにおかされてからの私の食生活

食生活
  • 人参・リンゴジュースを朝にコップ1杯
  • 主食は玄米に小豆
  • 野菜類をたくさん摂る
  • 冷たいものはあまり食べない
  • 植物性タンパク質(豆腐、豆類)をかかさず
  • 生姜湯を毎日寝る前に飲む
  • 魚介類
  • お茶(コーヒー)は飲まない
  • 禁酒
  • 甘いものは食べない
  • 牛乳、バター類も摂らない
生活習慣
  • 夜10時までに寝て、8時間の睡眠をとる
  • るべく車に乗らないで歩く
  • ストレスをためない
  • 仕事で無理をしない
余暇を楽しむ
  • よい友を持つ( おしゃべり会)
  • 歌を唄う
  • 少し体力がついてから山登り
  • 本を読む、ビデオをみる
  • 旅をする
定期的に受診する
  • 定期的に検査を受ける
  • 他の科もチェックする
  • 職場の定期検診ほ必ず受ける

現代医学の優秀な医師や研究者が、膨大な時間とお金と労力をかけてガン治療の研究を しているにもかかわらず、現段階ではなおかつ「ガンは難治」といわざるを得ません。

よって、ひとつの「自然食品」「健康食品」で、ガンが治るというようなことはまず絶 対あり得ない、といってよいでしょう。

ガンを防ぎ、治すには、「血液をきれいにする」 こと以外ないわけです。 血液浄化により、予防のほうほ確実にできるとしても、平均20年近くかかって診断がで きるくらいまで大きくなったガンを、そう簡単に治すことは不可能でしょう。

ガン腫をつくらなければならないほど、血が汚れているからこそ、ガンになったわけで、 それを自然療法だけで、短期間に治癒させるなどというのほ無理というものです。

たとえ、 自然療法を始めても、その途中で悪化、転移することも十分考えられます。 よって、ガンという腫瘍のために、食物の通過の道をふさいでしまう可能性のある胃腸 のガン、気道を圧迫して呼吸困難をおこす可能性のある肺ガン、出血のため重篤な状態になりかねないガン...等々、やほり、危急の状態を切り抜けるため、必要に応じ手術をほじめとする医学的処置は受けるべきです。

また、ガンを医学的に手術や放射線や抗ガン剤で、切除またほ消滅させた後は、「ガンがなくなった」という積極的な気分が、脳からβ・エンドルフィンをほじめとする脳内麻薬の分泌を促し、血行をよくして体を温め、免疫力も増強させて、よい結果が得られるかもしれません。

それに、切りとられたガン腫が、その段階で、すでに血液浄化の役目を十二分に果たした状態だったら、ガンの再発ほないかもしれません。ただ、ガンの現代医学的治療を受けるときも、自然療法=浄血療法を続けられると、よりよい結果が得られる可能性ほ十分にあります。

とにかく、主治医とよく相談し、できれば、セカンド・オピニオンやサード・オピニオンも参考にされて治療を選択されるのが賢明でしょう。

野草酵素 | ガン患者に評判の健康食品