「おかずだけの食事」に違和感を覚える人も多いかもしれません。しかし、700万年にわたる人類の歴史から見ると、主食(穀物)のない食事のほうがずっと自然なのです。

なにしろ、人類が米やパンを食べるようになったのは、わずか1万年前なのですから。「どうしても主食がないと、食事をした気になれない!」という人は未精製の穀物を少量とるようにしてください。具体的には、玄米ごはんや全粒粉を使ったパン・パスタ、十割そばなどを少量です。

rice-316532_640.jpg

一方精製された穀物とは、白米や真っ白な小麦粉を指します。主食として真っ先に思い浮かべるものばかりですね。未精製の穀物は、精製された白米や真っ白な小麦粉を使ったパンやうどんなどの麺頬に比べると、血糖値の上昇がややゆるやかになります。それだけ肥満ホルモンであるインスリンの分泌量も、少なくてすむというわけです。

今は、たとえば低糖質パンなどもあります。これは食べても大丈夫です。

ただし、いくら血糖値の上昇がゆるやかといっても、お腹いっぱいになるまで食べるのは厳禁です。糖質を含む食品は少量にとどめることが望ましいことは強調しておきたいところです。

なお、人類が精製された穀物を日常的に口にするようになったのは、それほど昔のことではありません。小麦粉なら200年ほど前。白米なら300年ほど前、江戸中期のことになります。日本の場合、白米を誰もが当たり前のように食べられるようになったのは、第二次大戦彼のこと。じつはごくごく最近の話なのです。

でんぶんと甘味のある食品は食べない

糖質オフ健康法は、食事からできるだけ糖質をとり除くスタイルの健康法です。そのためには「糖質とは何か」をしっかり理解しておく必要があります。

糖質には単糖類・二糖類・多糖類・糖アルコール・人工甘味料と、これだけの種類があり、食品としても多岐にわたります。あまり細かいことをいうと逆に混乱してしまいがちですから、おおまかに「でんぷんを含む食品」と「甘みのある食品」に分けられると覚えてください。

maize-380701_640.jpg

でんぷんを多く含む食品としては、米・小麦・大麦・そばなどの穀類、そしていも類が挙げられます。米を使った食品はご飯やおかゆ、雑炊、おもちなど。小麦や大麦からはパンがつくられます。

中華麺や焼きそば、うどん、そうめん、スパゲティ、マカロニなども小麦からつくられています。

いも類としては、じゃがいも・さつまいも・さといも。もちろん、これらを素材としたポテトサラダやフライドポテト、ポテトチップスに肉じゃが、大学いも、焼きいももNG になります。

また、片栗粉や春雨、くず粉などはいものでんぷんが使われていますから、注意したいところです。甘みのある食品は、味で判断できるのでわかりやすいはず。

砂糖・果糖・ブドウ糖などの甘味料はすべてNGです。これらを使っている食品も避けてください。

甘味料のなかには、ハチミツや黒糖、和三盆などヘルシーなイメージをもつものもありますが、これらも血糖値を急激に上げますから、避けましょう。

見逃しやすいのが、保存食品と加工食品です。じつは缶詰やレトルト食品、真空パックなどの食品には砂糖を多用しているものも少なくありません。たとえば牛肉の大和煮やサンマの蒲焼き、佃煮などがそうです。このように、でんぷんの多い食品と甘い食品を日々の食事から可能なかぎりとり除くようにしてください。糖質を含む食品はたくさんあるのですが、このふたつの 食品を意識するだけで、かなりの糖質オフになるのです。

糖質制限食で守るべきルールその1は、糖質を多く含むNG食品さえ避ければ、ほかのものはたくさん食べてもよいということです。

従来の食事の考え方では、糖質・脂質・たんばく質の3 大栄養素からバランスよくカロリーをとるのがよいとされていました。その割合は、糖質が60%、脂質が20%、たんばく質が20%です。日本では長年この割合の食事が続けられてきました。しかしその結果、肥満や糖尿病は増えているのが現状なのです。

そこで、糖質オフ健康法では、60%の割合を占めていた糖質をできるだけ少なくし、代わりに脂質とたんばく質を増やします。つまり「白米やパン、麺類などの主食をナシにする代わりに、主菜や副菜となるおかずを多くして健康的要素をプラスする」という考え方です。

ここで活躍するのが、おもにたんばく質を含む魚介や肉類、納豆や豆腐なとの大豆製品や、おもに脂質を含むチーズやナッツ、オリーブオイルなどの食品です。

糖質の代わりにこれらの食品はお腹いっぱい食べてもOKというのが、ルールその1のポイントです。肥満を気にしている人のなかには、ステーキやハンバーグ、唐揚げといった肉料理、とんかつ、唐揚げ、カキフライやエビのてんぷらなどの揚げものを我慢している人も多いのではないでしょうか?

しかし、糖質オフ健康法ならば、このようなメニューでも大丈夫なのです。これならおかずの自由度がかなり高いので、飽きることなく続けられます。

糖質たっぷりでNGの食品は、おもに主食となるご飯やパン、麺類、甘みのあるものがほとんどなので簡単です。知っておくへきことは、ハツキリいってこれだけです。このN G食品さえ避ければ、あとはできるだけ糖質の少ない食品を組み合わせて、毎日の食事をできるだけ楽しめばよいというわけです。

正月のおもちを食べた後でもヘモグロビンA1Cがばっちり

健康診断でいつも注意されていたのが、血糖値と中性脂肪。それでも気にせず大好きな日本酒を飲んでいたことが原因で、本格的に糖尿病に踏み込んでしまいました。

それが8年ほど前のことで、以降はまじめに薬の服用を続けたのですが、数値は思うように下がってくれません。

私の場合、特にグンと数値が悪化してしまうのは正月のころ。連日お酒を飲むうえに、大好物のおもちも食べはじめると止まりません。

すると決まって、正月明けの検査でヘモグロビンAICの数値が上がっている。そんなことの繰り返しでした。テンペ菌発酵の「八酵麗茶」は、妻が雑誌で評判を読んで飲んでみることにしました。

ジムに通って運動を始めていたのですが、いまいち効果が出ていなかったのです。テンペ菌発酵の「八酵麗茶」を飲み始めた年は、ヘモグロビンA1C7.5ありました。

3ヶ月続けて結果が出なければ止めてしまおうと思っていたのですが、まさしくその3ヶ月目に7を切ってきて、飲用の効果がバッチリ出てきました。

そして、いつもなら数値がグンと上がる正月。娘婿と焼酎と日本酒を飲んで、おもちもたくさん食べたのですが、その後の検査ではヘモグロビンA1Cが6.5に抑えられていたのです。これには私だけでなく妻も、「あれだけ飲み食いしたのに、たいしたものね! 」と驚いていました。

テンペ菌発酵の八酵麗茶(はっこうれいちゃ)の口コミはこちら

ヘモグロビンA1Cが6ヶ月で下降モードに入った

食後にはケーキや菓子パンを欠かさず、飲みものといえばコーラかオレンジジュース。そんな大の甘党ぶりがたたって、糖尿病と告げられたのは今から5年前のことです。

あまりに血糖値が高くなって、緊急入院したこともありました。それでも、退院したら甘いものの誘惑に勝てず、また血糖値がはね上がるという繰り返しだったのです。

そんな私を見かねた医師が、1枚の写真を見せてくれました。そこには糖尿病で足を切断した男性が写っていて、「今のままではあなたもこうなる」と忠告されたのです。

改心した私は、それ以来、甘いお菓子やジュースを遠ざけて、ご飯の量もお茶碗半分に減らしました。でも、血糖値とヘモグロビンA1Cは下がらないどころか、体の疲れが取れなくなり、足のだるさも消えなくなったんです。

このままでは足の切断を避けられないという不安も相まって、身も心もぐったりとして、休みの日は布団から出る気にもならないほどでした。

そんなときに、ラジオの情報番組で知ったのが糖質カット酵母「パクパク酵母くん」でした。糖質の制限を助けてくれればと、期待して飲み始めたところ、ほどなくしてお腹の中がポコポコと動くように。その後、ガスが何度も出るようになり、3ヶ月したころには体重も減ってきたのです。

半年後にはヘモグロビンA1Cも下降線をたどるようになって、ひところの疲れやすさ、足のだるさからもすっかり解放されました。そこで試しに、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を1ヶ月中断してみたところ、直後の検査ではヘモグロビンA1Cに上昇の兆しが。

これはいかんと糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を再び飲み始めると、すぐに数値は安定しました。糖尿病の合併症と無縁でいるためには、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を手放してはいけない、私はあらためてそう実感しました。

食後の血糖値の急上昇もなし「パクパク 酵母くん」これなら!好きなものを思いっきり食べられる

高血糖状態は全身の動脈を硬くしてしまい特に腎臓・目・神経で起こると症状は深刻

糖尿病で最も怖いのは、血液中に異常に増えた糖によって血管が傷つき、合併症を招くことです。血糖値が高い状態(基準値を上回る状態)を何年も放置すると、末梢の細い血管ばかりか太い血管も傷ついて、全身で動脈硬化(血管の老化 が進み、さまざまな合併症が引き起こされることがわかっています。 特に多いのは、細い血管が傷つくことで起こる糖尿病腎症・糖尿病網膜症・糖尿病神経障害で、これらを糖尿病の3大合併症と呼びます。

糖尿病の合併症についてはこちら

糖尿病の三大合併症がどのようにして起こるのかは以下のとおりです。

  • 糖尿病腎症腎臓には糸球体と呼ばれる非常に細い血管の集まりがあり、ここで血液をろ過して尿の原料を作ります。この糸球体の血管が高血糖の影響で傷み、硬くなったりつまったりして、血液を十分にろ過できなくなるのが糖尿病腎症です。糸球体がより傷んでくると、体内の老廃物を排泄できなくなって尿毒症を起こし、最終的には人工透析が必要になります。日本では現在、新たに人工透析を受けている方の約4割が糖尿病腎症で、その数は年間1万6000人に上ります。糖尿病腎症の場合、はかの腎臓病に比べて生存率が極めて低く、人工透析を始めて5年後まで生きる人は半数にすぎないのです。半分です。
  • 糖尿病網膜症目の網膜( カメラのフィルムに相当する器官)に張りめぐらされた細い血管が、高血糖の影響でつまったり変形したりすると、目に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。そこで急ごしらえの新しい血管が作られますが、この新生血管は極めてもろいため、被れて出血すると急激な視力低下のほか、網膜剥離を引き起こし、最悪の場合は失明します。糖尿病網膜症で視力を失う人は年間約4000〇人。これは緑内障に次ぐ、日本人の中途失明原因の第2位です。
  • 糖尿病神経障害よく現れる症状は、足に湿った靴下をはいているような也違和感、、つまさきや足の裏のしびれなどで、糖尿病の患者さんの7割に見られます。必ず両足か両手の先端から同時に起こるのが、糖尿病神経障害の特徴です。やがて神経が完全にマヒして感覚が失われ、しびれや違和感がふろなくなります。熱い風呂に足を入れても平気でいたり、手足をぶつけても痛みを感じなかったりします。ケガをしたことがわからず放置すると、最悪の場合、壊症(体の組織が腐ること)を起こし、その部分を切断しなければならなくなるのです。

以上が糖尿病の合併症です。

初期から高血糖を改善しておかないと高血糖が記憶され合併症、脳・心筋梗塞の危険大

高血糖状態になっても、糖尿病と診断されなければ(境界型であれば)糖尿病合併症を防げると思っている人がいますが、実はそう簡単ではないのです。 動物実験で、糖尿病の初期段階から血糖コントロール(血糖値をできるだけ基準値に近づけること)をきちんと行わなければ、後になって厳格な血糖コントロールを行ったとしても、合併症が起こりやすいことが確かめられています。

最近になって人間の場合も同様であることが、アメリカとカナダで実施された糖尿病の大規模な追跡調査で明らかになりました。 イギリスの研究でも、2型糖尿病(生活習慣が主原因で起こる糖尿病)の方を観察した結果、初期に血糖コントロールが不十分だと、その後の血糖コントロールがうまく行われても、合併症の危険度は低下しないことが確かめられています。 これらの事実は、高血糖の状態が5~10年も続いたら、その間に体が高血糖状態を記憶して高血糖の「マイナス」を抱えてしまうということです。 そのため、遅ればせながら血糖値を下げて低い状態を保ったとしても、合併症の発症・進行が必ずしも抑えられないのです。この「高血糖のマイナス」の正体が「AGE」と呼ばれる物質ではないかと、最近注目されています。

AGEを除去したら花粉症体質も改善された例もあります。

優れた機能性食品に期待が寄せられる

国内における糖尿病患者と、予備群も含めると約2000万人以上です。もはや国民病の域を超えてしまっている状態です。糖尿病の患者さんが発症する3大合併症の1つとして知られる糖尿病腎症は、人工透析を導入する原因の第1位になっています。

糖尿病患者さんの多くは治療薬を服用されていると思いますが、西洋医学の考えに基づいて開発された治療薬の多くは、合成化学薬品です。長年にわたって飲みつづけることで副作用の危険度が高まることは周知のとおりです。

筑波大学の細川淳一名誉教授が「糖尿病合併症対策の救世主」と声をあげているライスベリーは、タイ政府・国家イノベーション庁の主導によるバイオビジネス構想による革新的プログラムによって開発、研究が進められています。

ライスベリーの栄養素を凝縮・微粉末化して機能性を高める健康食品の紫紺米パウダー は、世界中で深刻化している糖尿病対策の切り札として大きな注目が集まっています。

2003年にタイ政府の内閣決議に従って設立された国家イノベーション庁は、公務員や企業の枠組みを超えた特別な組織として活動しています。社会発展に影響を与え、国家競争力を強化する革新的な使命を与えられた国家イノベーション庁は、現在も世界各国の学術・医療機関と共同でライスベリーの研究に取り組んでいます 。

世界一の米輸出国として知られるタイは、国際イネ研究所と共同で、世界で最も熱心に米の研究に取り組んでいる国の1つです。ライスベリーの研究を通じて、糖尿病の症状緩和や蔓延に歯止めをかけるだけでなく、世界中の人々の健康を促進する機能性素材として広めることを目指しています。

紫紺米パウダー「ライスベリー」の効能、効果や詳細情報はこちら。

玉ねぎの皮茶はこちら。

血糖値とヘモグロビンA1Cが大下降して薬が不要になった

3年前に血糖値240mg/dl、ヘモグロビンA1C9.3に悪化して、私の糖尿病との闘いが始まりました。ところが、増え続ける一方の薬に不安を感じるようになり、ほかに打開策はないかと思案するようになりました。

そこで玉ねぎの皮茶を飲んでみたところ、これが大当たりでした。飲用後はてきめんに数値が安定。現在は血糖値は空腹時122mg/dl、食後138mg/dlに大幅下降して、ヘモグロビンA1Cも5.4に下がっています。おかげで、現在では薬の服用は一切なくなり、玉ねぎの皮茶を飲んで救われました。

降圧剤が不要になってのぼせも改善

塩辛いものが好きという食生活が、私の高血圧の原因でしょう。薬を飲んでも血圧は150/90mmmHG台のまま。頭がフワーツとのぼせることもよくありました。そこで玉ねぎの皮茶を飲み始めたら、10日で血圧が上132/88mmHGに改善。半年後には上120/65mmHGに大幅下降したのです。

頭ののぼせもすっかり起きなくなり、病院の薬もだんだん減って、今ではスッパリと止めることができました。高血圧の薬とは一生のつき合いと聞きますが、そんなことはないんだな。今日も玉ねぎの皮茶を飲みながら、私はそう痛感しています。

数十年ふりに降圧剤から解放

血圧が高くて、何十年もの間、降圧剤のお世話になっていました。そのうえ、昨年には境界型の糖尿病と指摘されたのです。そんなときに玉ねぎの皮茶の評判を知って、試しに飲用してみることに。

すると、降圧剤を飲んでも140台だった血圧が3カ月で120台になり、半年後も同じく良好な数値に安定。おかげで、長年の降圧剤生活から抜け出せました。血糖値も130から121に下がり、ヘモグロビンAICは5.6に改善して大満足です。玉ねぎの皮茶には、これからもよろしくお願いしますといいたいです。

血糖値、血圧、コレステロールが軒並み正常化

心配していた検査数値がのきなみ改善してきたのは、玉ねぎの皮茶を飲み始めて2ヶ月後のことです。まず、180前後だった血糖値が105に下がって、コレステロールも163の安全圏に改善。血圧は170もあったのですが、これも130台に安定するようになったのです。

あれもこれも正常値の合格マークをもらって、玉ねぎの皮茶には感謝するばかり。あせらず、あわてず、毎日飲んでいれば朗報を届けてくれるありがたいお茶です。これからも欠かさず飲んで、検査で合格マークをもらい続けたいです。

血糖値300mg/dlからどんどん下がって薬も不要になりそう

数年間、血糖値を下げる薬を飲み続けてきましたが、血糖値はいつも300から下になることなし。そのうえ、ヘモグロビンAICも8.0を超えていました。ところが、孫が送ってくれた玉ねぎの皮茶で数値が一変。試しに薬と併用して飲み始めたところ、血糖値は230まですんなり下降。最近の数値でいえば153にまで改善し、ヘモグロビンAICも6.3と、今までにない好成績です。これには我ながら驚きました。

血糖値、ヘモグロビンA1Cが一気に好転、医師もびっくり

昨年、糖尿病との診断を告げられて通院を開始し、薬も飲み始めました。当時、空腹時血糖値は180mg/dlを超す値だったのですが、薬を飲むと120程度まで下がり、食後二時間血糖値は160程度になりました。

でも、薬を飲むのをさぼると数値がまた上がり始めてしまいます。そんな毎日でしたが、知人にすすめられた玉ねぎの皮茶を飲むようになってから一気に数値が好転。

空腹時血糖値は正常値の105~110、食後は150台と信じられないほどに安定しています。ヘモグロビンAICも7.4もあったのが、5.9まで落ちました。

先生もすごい快復ぶりだと驚いて、玉ねぎの皮茶と出会えてよかった!飲んでよかった!と感謝しています。

少し冷ましたお湯でコーヒーを入れる

私たちにとって身近な飲み物の中には、インスリンの働きをよくするものがあります。その代表は、コーヒーです。コーヒーが糖尿病の発症を防ぐことは、世界各国の研究で実証されています。

米国のハーバード大学では、男女12万人を対象として、18年問にわたり健康状態と食生活の問係を調査しました。その結果、1日にコーヒーを一定量以上飲む人は、全く飲まない人に比べて、糖尿病になる確率が女性で30% 、男性で50%少ないと判明しています。

日本でも、糖尿病と診断されていない男女を対象にした調査があります。コーヒーを飲む回数が週1回未満の場合、 女性では6.9% 、男性では19% が糖尿病になりました。しかし、過に5回以上コーヒーを飲む人の場合、女性では3.6% 、男性では9 .7% の人しか糖尿病にならなかったそうです。

週に5回といえば、ほぼ毎日飲むペースと考えていいでしょう。そのぐらいの頻度でコーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて、糖尿病になる確率がほぼ半減するとわかったのです。これは、コーヒーにインスリンの働きをよくする作用があるためと考えられます。食事をすると、誰でも一時的に血糖値が上がりますが、その後はインスリンの働きによって元に戻ります。

しかし、食べすぎなどによって血糖値が急激に上がることをくり返すと、インスリンが働きにくくなるのです。運動不足や太りぎみの人にも、同じことが起こります。実は、コーヒーの香りや苦みのもとであるクロロゲン酸という成分に、インスリンを活性化させて、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあると考えられているのです。

そのため、インスリンを括38性化させる目的でコーヒーを飲むなら、インスタン汁コーヒーによく使われる浅静り豆を選ぶといいでしょう。クロロゲン酸は熱に弱く、モカやエスプレッソ用の豆など、高温で併蹴したものでは、かなり失われてしまうからです。

コーヒーを入れるときのお湯も、沸騰した直後ではなく即度Cぐらいに冷ましたものを使うと、クロロゲン酸の損失を抑えられます。砂糖は入れず、ブラックか牛乳入りのコーヒーを飲んでください。糖を効率よく消費することを考えると、コーヒーを飲む時問帝は食後が適しています。

1日に2〜3杯飲むのが目安です。最近は、生コーヒー豆のエキスを加えることで、クロロゲン酸の量を格段に増やした新型コーヒーも市販されるようになりました。バランスの取れた食事や適度な運動と併せて、血糖値減らしの一助に役立ててみてはいかがでしょうか?

血糖値を下げる生活習慣・食習慣

糖尿病を引き起こすペットボトル症候群

水分補給が大事だからといって、清涼飲料水ばかり飲んではいませんか。清涼飲料水は糖尿病のリスクを上がることが国立がん研究センターの調査で明らかになっています。

「コーラ・果汁飲料(果汁100%未満)」「100%果汁ジュース」「野菜ジュース」の3 種類に分けて、ほとんど飲まない、週に2 回以下、週に3 ~4 回、ほぼ毎日の4 つのグループに分け、調査をしました。

これにより、コーラ・果汁飲料(果汁100%未満)をたくさん飲む女性ほど糖尿病の発症リスクが高いことがわかったのです。

スポーツ飲料、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによって起こる急性の糖尿病のことを「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)」といいます。ジュースなどの清涼飲料水にはたくさんの糖分が含まれているため、これらを大量に飲んで糖分を摂りすぎると、血糖値が上がってしまうのです。

高血糖状態になるとさらに喉が乾き、さらに清涼飲料水の摂取が促進され、負のサイクルに陥ります。このペットボトル症候群は子どもや10~30 代の若者に多いのが特徴です。

最近では中高年でも発症者が増えています。熱中症を避けようとスポーツ飲料を大量に摂取する人も注意が必要です。スポーツ飲料には、多くの糖分が含まれているのです。500mlのペットボトルのスポーツ飲料であっても角砂糖約9 個分(30g)ほどの糖分が含まれています。WHO が定める1日あたりの糖分摂取量は25gです。スポーツ飲料や清涼飲料水は、500ccのペットボトル1 本でも日常では摂りすぎです。

アルカリイオン水やバナジウムウオーターを1日2リットル飲む | 腸をも若返らせる水の効果